ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



  1. スポンサー広告
猫とエフェソス遺跡 :: 2016/09/07(Wed)






長くダラダラ書いてきた夏の旅行記も、犠牲祭を前に
終われそうです 笑


パムッカレを観光した後、西へ移動し
エーゲ海はクシャダスの夜を楽しみました。
翌日はトルコ観光の主要地エフェソスへ。


ここでは気が付けばニャンコと遺跡のレリーフしか写真を撮っておらず
あまり全体的なエフェソスの画というものは写していなかったです。





DSC_757777.jpg




ここの猫ちゃんたちは
写真を撮られるのに慣れている!



DSC_757888.jpg





「遺跡と猫」 絵になりますね~。
岩合光昭さん気分になれます 笑




DSC_758111.jpg




どこを訪れても発掘作業終わりません。
トルコの遺跡は無限にあります。




DSC_758555.jpg




真っ青な空に何千年も前の遺跡が映えます。



DSC_758777.jpg




果物とか野菜でしょうかね。
右はザクロっぽいけれど。



DSC_758999.jpg




これはアレですね。
ナイキのロゴマークとなった勝利の女神ニーケー。




DSC_759333.jpg





猫ちゃんたち皆ちゃんとカメラ目線をくれるんですよ。




DSC_759334.jpg





遺跡より猫のお尻ばっかり追いかけまわしていました 笑




DSC_764001.jpg




いろいろなところに文字が刻まれているのですけど
なんて書いてあるのか知りたいですよね!
レリーフも素敵です。




DSC_761000.jpg





カメラを向けすぎて猫ちゃんから文句を言われることも。
なんか明らかに「撮らないでよ~」みたいなこと言ってますよね・・





DSC_761777.jpg





図書館跡。
しっかり残っています。
この赤い帽子の女性がスタイル良すぎて私はそっちに目が行ってしまいましたが・・ 苦笑



DSC_763444.jpg





人々の生活が窺える彫刻。





DSC_764000.jpg





エフェソスのシーサー 笑

知識がないので深いコメントできずスミマセン。


やっぱりこういう観光地はガイドさんに案内してもらって回るべきですね。
説明してもらってみたほうがより背景も理解できて面白いです。
私たちは隣のガイド隣のガイドと耳を傾けながらの観光でしたが・・



DSC_764222.jpg




とにかく猫好きさんには楽しい遺跡です。
いっぱい居ます♪



DSC_764555.jpg




アルテミス神殿。

支柱1本 !?
予想以上に遺跡が残っていなかった。

他の遺跡には感じなかった「栄枯盛衰」を思わずにはいられませんでした。



DSC_764888.jpg





トルコって本当に素晴らしい自然と遺跡をもつ国だなと
改めて感じる旅でした。


アンタルヤのカレイチやクシャダスの町など
まだまだ撮った写真がたくさんありますが
トルコも夏が終わり、秋の空気に変わってきたので
ここで夏気分を終わらせようと思います。



ブルサと夫の故郷くらいしかトルコの空気を知らなかったので
今回の旅行で少しトルコ経験値がレベルアップしました 笑







 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * 旅行
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<レシピ本掲載とオルマンケバブ | top | ケントくんとパムッカレ♪>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bursa.blog.fc2.com/tb.php/375-3fc80594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。