10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
* Profile *

hisosari

Author:hisosari
**************
ブルサ / トルコ在住

夫・3kids(男・女・男)
5人家族。


食べ物・子育て・日常生活など
思ったままに綴っています。

トルコの家庭料理も勉強中♪



**************
トルコで出会った料理のレシピ
こちらにも載せています。
     ↓↓
 hisosari@COOKPAD

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

* Time *

* Weather *

Find more about Weather in Bursa, TU

* Categories *

* Recent Posts *

* Recent Comments *

* Archives *

* Ranking *

ブログランキングに参加中♪

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

* Trip advisor *

パリ旅行をおすすめブログで

紹介して頂きました。

  → こちら

* Links *

* Materials *




ケントくんとパムッカレ♪

2016.09.05 17:02|* 旅行




ラム子さんのところでお腹一杯になった後、食堂の看板息子のケントくんと
石灰棚を散策しに行きました。
その時の様子をご紹介。


ですが、その前に。
ご存知の方も多いと思いますが、訃報がありました。
ラム子さんのご主人が先日お亡くなりになりました。
私もこうやって楽しかったパムッカレ記を途中書きにしていたところでの知らせ。
どうして!? なんで!?
と驚きで言葉もでませんでした。
だってこの間、ご主人とお会いして「元気ですか~?」と声をかけて頂いて
私たちのために食堂のグリーンカーテンの葡萄をとってくださって。
本当にお元気だったんですもの・・
夫と共にとても心を痛めています。


ご冥福を・・というセリフはイスラム教徒であるご主人には
そぐわないかもしれないので
ありきたりの言葉しかでてきませんが
イサさん、どうぞ安らかにお眠りください。
Başınız sağolsun.



観光業を営まれてきたご主人のためにも
私も楽しく過ごしたパムッカレを紹介していきたいと思います。



*************************




さて、ケントくんに「一緒に行こう」と誘ったら
ウサギのようにピョンピョン飛び跳ねながらついてきてくれました♪
子供達も一緒にケントくんと回れることに大喜び。




DSC_747777.jpg




「ケント~ ケント~」とケントくんの名を叫びながら
ケントくんを連れてというより、ケントくんに連れて行ってもらいました。
さすがパムッカレはもはやケントくんの庭ですね 笑
よく知ってる!



DSC_748999.jpg




子供たちは石灰棚よりケントくんに夢中。



DSC_749111.jpg




ケントくんのそばを離れたくありません。



DSC_749333.jpg




ケントくんも石灰のお湯のなかに入ってひと泳ぎ?



DSC_748222.jpg




石灰棚を登り切ると
古代遺跡ヒエラポリスが広がります。
遺跡の手前でケントくんと休憩。



DSC_750000.jpg




夫も飼い主顔でケントくんと石灰棚登頂を分かち合う 笑




DSC_750222.jpg




ケントくんもひと登りした後はいい顔!



DSC_750555.jpg




この後の遺跡散策はケントくんはついてこず、私たちだけで登りました。
子供たちはケントくんがちゃんと家に帰れるか心配していました・・ 笑

石灰棚からまた登ります。
かなり暑いし体力使います。
子供も大人もヒーヒー言って登っていました。



DSC_751111.jpg




いや~でもこれもすごい!



DSC_751222.jpg




ここにもかつて栄えた大きな町があったんですよね。
感動。



DSC_751777.jpg




登りも下りも大変だけど
石灰棚以降のヒエラポリスモ絶対に登るべきですね。



DSC_751666.jpg




石灰棚。
とにかく暑い・・
日陰のない直射の日差しも、石灰棚の白から照り返す暑さも
今回の旅行で一番暑かった場所だと思います。
侮っていました 苦笑
冷たい水は必須です。 
お水もね、ラム子さんがお気遣いで持たせてくれたんです。 ありがとう、ラム子さん♡



DSC_752222.jpg




石灰棚の白。
山の緑。
空の青。

本当に素晴らしい場所です。パムッカレ。



DSC_752666.jpg




子供は必ず濡れるので
着替えが必要です。



DSC_753000.jpg




石灰棚、不思議なことに
濡れていても滑りません。



DSC_753222.jpg




雪じゃないのに真っ白な銀世界。
非日常な風景。




DSC_753555.jpg




とにかくパムッカレは人を魅了させる場所です。
もう一度訪れたいと思いますね。
感動の連続で想像以上に素敵なところでした♪



DSC_747666.jpg




パムッカレの自然や遺跡も本当に印象的でしたが
ラム子さんに出会えて、美味しい日本食も食べれて
ケントくんとも仲良くなり、イサさんにもおもてなしをしていただいて
さらにパムッカレが思い出に残る楽しい旅になりました。

ラム子食堂にもリピーターが多い理由がよく分かりました。
私も近くに住んでたら食堂に毎日入り浸っていると思います。
それくらい居心地のいい場所でした。

ラム子さんも私たちが訪れた時の事紹介してくださってます。
覗いてみてください。  → こちら


ラム子さんと最後は日本式の別れでは物足りず
トルコ式ハグハグでお別れしました。



パムッカレ、私の中でお勧め度の高い観光地です。




********************


ラム子さん。

張りつめていた心の糸が切れ始めると、いろいろな感情が込み上げてくると思います。
でもどうか、どうか、ご自分を責めないで。
そのままのラム子さんでいいんです。そのままの姿を愛されていたんです。
イサさんを想う気持ちと同じようにラム子さんもご自身を愛してください。

突然亡くなられてからイスラム式にすぐに土葬されてしまって
きちんとお別れもできないままで心の整理もできなかったでしょう・・
私もトルコに住むトルコ人の夫の妻として同じことに遭遇したらと考えると
ラム子さんのことを自分のことのように辛く感じてなりません。

苦しい日もあると思います、でもきっと穏やかに笑える日も来ます。
同じようにラム子さんの悲しみに寄り添っている人たちもたくさんいます。

どうぞ今はゆっくりと心のまま過ごされてください。






 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ
ジャンル:海外情報

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさん

私はまだ本当に身近で大切な人を亡くした経験がないので
その悲しみは計り知れませんが、時間と共に和らぐと
いいですね・・

私たちが訪れた時もケントくんは寝ていましたけど、
子供たちがつついたり騒いだりして起こしてしまった感じです 笑

ホントもっと近ければいいのに~と思いますね。
トルコ、どこに行くにしても道中長いですもの 苦笑
今までブルサと夫の故郷くらいしか知りませんでしたが
今回の旅でトルコの経験値が上がりました 笑
非公開コメント