ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



フレッシュタイムのオイル漬け :: 2016/07/13(Wed)






ラマザン後の砂糖祭りは、お正月のように親戚が故郷を目指します。
今年はマラティヤに住んで働いている夫の姪っ子も幼い子供を連れて里帰り。
私たちは別の姪っ子が結婚式を挙げるのでそれを目当てに里帰り。



新郎はマラティヤ出身で、式もそこで挙げるというので
初めて見るマラティヤがどんな所か楽しみにしていたのですが・・
夫の仕事の都合でブルサに戻らなければならなくなり
故郷で行った結婚前夜のクナという儀式しか参加できず
結局マラティヤへ行くことはできませんでした。 残念・・


何が楽しみって、やっぱり現地の食べ物や食材が一番楽しみだったんですけどね。


でも、マラティヤで働いている姪っ子がお土産に持ってきてくれた
フレッシュタイムの瓶詰が美味しくて、行けなかったけど
これが一番の収穫だったかなと思います。


家に帰って作ってみました。



「Zahter Salamurası / フレッシュタイムのオイル漬け」

DSC_6914444_20160713161003179.jpg





夫の故郷でも野草のタイムを収穫し乾燥させて
ドライタイムのハーブティを飲んだりしますけど
フレッシュタイムをこうやって食べたのは初めて。


オイルがメインのハーブオイルではなくて
ハーブがメインのオイル漬け食べるハーブ。


タイムのハーブティでも煮だしすぎると苦みが出るので
オイル漬けも苦いのじゃないかなと想像しましたが
ちょうど良いくらいのほろ苦さだけが残り、とても美味しいんです。
朝食で食べることが多いようですが
カナッペにしたりワインなどと一緒に食べてもすごく合うと思います。



トルコでは市場でも束で売られています。
お家でタイムを育ててワサワサ茂って困るわ~という方は
是非お試しください♪




ちなみにマラティヤ名物の杏、今年は暑すぎてあまり実っていないのですって。








 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * トルコごはん【 レシピ 】
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<フレッシュタイムのサラダ | top | バジル入りジャム>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/07/14(Thu) 17:10:59 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: おかえりなさい(^_^)

鍵コメさん こんにちは。

準備も最後の大詰ですね~。
空港テロなどがありましたが予定通りすすんでいるようでかったです。
私もメールしようかなって思っていたところだったので
ちょうどコメント嬉しいです。

ご主人、トルコ生活慣れてきたようで何よりです。
コントのような話はきっとこれからも続きますよ~。
我が家では数日前に天井の厚い塗装が大きく剥がれ落ち(2度目)
日本では考えられないようなトルコの家造りにうんざりしています 苦笑
重いので子供の頭の上に落ちなくってよかった・・
日本へはトルコネタのお土産わんさか持って帰れると思いますし
ご主人ともトルコ話で家族の話題も増えるかもですね 笑

赤唐辛子フレークは粗挽き唐辛子のことです。
韓国唐辛子なんかでよくある、パウダー状でないものです。
書き直した方がいいと思いつつ、そのまま来てしまっています。
辛みの少ないものもあるので、我が家は子供でも食べられる量を入れて
使っています。風味が出るので美味しいですよ~
またトルコに来られたら食べ物話しましょ♪

あと半月、やり残したことのないように。食べ忘れたものがないように 笑
我が家は明日から地中海方面へ向かいます。
ご主人にもよろしくお伝えくださいね。
また連絡します。
  1. 2016/07/15(Fri) 11:05:43 |
  2. URL |
  3. hisosari #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bursa.blog.fc2.com/tb.php/360-9494a7bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)