ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



防災バッグ :: 2016/04/18(Mon)





熊本・エクアドル、大きな地震が立て続けに起こり
地球はどうなってしまうのだろうと不安にならずにはいられません。
地球の下ではいったい何が起こっているのでしょうか・・

私は人生で震度3までの地震の揺れしか体験したことがなく
それ以上のメガ級の揺れに襲われることを想像したら
冷静にいられるだろうか、子供たちを守れるだろうか・・と
恐れを感じます。


私が住んでいるブルサも大きな活断層が走っていて
イスタンブルと同様にいつ起きてもおかしくない大きな地震が
近々来ると予測されています。
建設ラッシュで埋め立てた地盤の弱い地域もあって、
その当たりは液状化するとも言われています。


息子の学校では防災訓練を時々している様で
随分前に防災バッグを作ってくださいとのお知らせも来ました。
息子に「作ろうよ~」と何度も催促されていたけれど
ここトルコでは日本のように地震に対しての緊張感もなく
来るであろう巨大地震に対しても市や町が対策を練っているかというと
そんな様子も見受けられないし、日本以上に実感は沸きません。
息子が子供ながらに抱いた危機感で防災対策をしようという提案にも
なかなか重い腰があがらず「今度準備しようね~」くらいに流していましたが
今回の熊本地震、その後のエクアドルの地震をうけて
地球の下で何か動いているという危機を急に感じ
週末に息子を誘って防災バッグを作ることにしました。



DSC_554000.jpg





急に思い立って作ったものだから無いものがたくさんで、まだスカスカ 苦笑
やっぱり前もって準備して揃えていかなければならないですね。
日本のようにカバン一つ買えば便利な防災セットがだいたい入っているなんて
ものは身近なところで売っていないし DIYとかいけばあるのかしら?
少しずつ集めて中に入れていこうと思っています。


まだ水も食糧も揃えていないし
完成には時間がかかりそうですが
家族分の防災バッグと非常食のストックを用意するつもり。
日本の非常食の進化がすばらしい!うらやましい!



いつ地震が起こるか分からない、起こらないかもしれない、でも起こるかもしれない!
起こらないに越したことはないのですが
起こった時に「あの時息子に言われたとおりに準備しておけばよかった」と
後悔しないようにバッグを完成させたいです。



とはいえ、息子。
バッグを準備するときはまるで遠足やお泊り会に行くときのようなテンション 笑
枕はどうする?とかお菓子は何がいいかなぁとか。
地震が起こった時の想定なんてまるでアドベンチャー。
でも今の段階で子供には地震に関する知識や情報は必要ですけど
今から恐怖感とかストレスは与えなくてもいいですしね。
楽しんでいます 笑
義姉からの電話でも嬉しそうに防災バッグを準備したことを報告していました。




ただいま夫は中国出張中。
こういうときに地震が起こらないことを願うばかりです。





 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * トルコ事情
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
<<生絞りレモンソーダ | top | パセリが主役のサラダ>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/04/18(Mon) 20:17:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/04/19(Tue) 01:40:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: No title

鍵コメさん ①

こんにちは。お名前覚えています。
再びコメント頂戴してありがとうございます。
そうだったのですか!ブルサにお住まいだったのですね。
ご厚意ありがとうございます。
頂きましたアドレスに改めてお返事させていただきますね。
  1. 2016/04/20(Wed) 07:33:25 |
  2. URL |
  3. hisosari #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

鍵コメさん②

初めまして。コメント残してくださりありがとうございます。
新しくお引越しされたのですね!ようこそブルサへ。
お嬢さんもベビちゃんもワンちゃんも連れてとは
なんとも賑やかな移住になりましたね 笑
特にまだちっちゃなお子さんがいると心配や不安が尽きないかと思います。
かなり頼りない在住者ですが、鍵コメさんのように移住されて
質問に来られる方もいらっしゃるので、気軽にコメントくださって結構ですよ。
何かお力になれることもあるかもしれないのでどうぞご相談ください。
  1. 2016/04/20(Wed) 07:48:03 |
  2. URL |
  3. hisosari #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/04/20(Wed) 09:45:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bursa.blog.fc2.com/tb.php/340-5b629b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)