ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



  1. スポンサー広告
ブックフェア 2016 :: 2016/04/08(Fri)





今年もブックフェアに行ってきました。 先月のことですが


今年はちょうどあのテロ予告の日と重なったため
警官もたくさん出ていつもより少し緊張感のあるブックフェアでした。



ブックフェアは150社ほどの出版社や協賛の会社が出展していて
種類も豊富に立ち並びいつもワクワク。
とはいえども、お目当てはいつも子供の児童文学本。
本屋さんではなかなか見かけないような本もいろいろあるので
このブックフェアではいつも一年分の子供用の本を調達します。


トルコでは図書館が身近なものでないし、学校にも図書室とかもなく
自分で本を用意しないといけません。



DSC_547000.jpg




買った本はもっとたくさんあって、他にも問題集なども買いました。



トルコの学校では日本よりも学童期の読書に重点を置いていて
他の学校の方針は分かりませんが、息子の学校では「いつでもどこでも本を読め」と
家でも学校の授業でも宿題でも、かなりの量の読書を強いられています。
私自身、子供のころは家に帰ったらパァ~っと外に出て日が暮れるまで遊んで
今の息子のように本を毎日読むような生活はしていなかったので
偉そうに「本を読みなさい!」と口を酸っぱくして言うのがちょっと心苦しかったりしますが
本は読んだだけ自分の糧となりますからね。


息子の学校の算数に関しては不満がかなりありますけど
国語教育にはウンウン・ヨシヨシといった感じで満足。


「Bol Bol Oku / どんどん読め!」

先生から言われる、このトルコ語のフレーズが気に入っています。



写真にある「LEVENT」シリーズが息子の学齢にお勧めの児童文学。
ズッコケシリーズのような感じかな。


いろいろな本を見たけれど、あの日本では定番の学習漫画。
世界や日本の歴史とか伝記とか。
ああいうのはなかなか見つからないですね。
面白いし子供もとっつきやすいのにと思うのだけど。
漫画で学習という発想はあまり海外ではないのかも?



子供にはいろんなジャンルの本を楽しんで読んでもらいたいものです。






 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * 子育て
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<激落ちくん♪カメラレンズ用 | top | レシピ本掲載☆>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bursa.blog.fc2.com/tb.php/337-16668380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。