ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



  1. スポンサー広告
パン粉を使ったキプロスケーキ :: 2016/03/16(Wed)





世界で一番パンが美味しい国はトルコとよく聞きますが
私もトルコのパンってすっごく美味しいと思います。
窯から出たばっかりのパンを買って帰れば
帰り道でつまみ食いは必須。最高の瞬間です。


でもそんな最高のパンでもうちは日曜の朝、たまに土曜日の朝に食べるくらい。
平日はおもてなしがあれば買う程度。
残ったパンも次の日に食べるということがないので
いつもパン粉にするか、たまにラスクとか子供のおやつにしているけれど
ラスクはバターいっぱい使うからあまり作りたくないし
パン粉だって揚げ物をそんなに作ることもないし
トルコパンはとても美味しいけれど、残ったパンは困った存在でした。



少し前に定期的に集まる夫の学生時代の友人家族達との夜のお茶会で
いただいたのが、そんなパンのお悩みを解決してくれるケーキでした。
シロップ漬けなのにそんなに重くなくって食べやすいし
レシピをちょうだいとお願いして、さっそく家で作ってみました。


本当はGaleta unu というパン粉よりもっと細かい粒を使うのですが
残ったパンやパン粉を消費したいので
Galeta unuを使わないレシピにしました。

そしてシロップのお菓子なのでシロップ以外で使う砂糖の量も抑えました。



「 キプロスケーキ / Kıbrıs Tatlısı 」

DSC_5168888.jpg





Galeta unuを使ったものと多少食感が違いますが
これはこれでヨシです。
上のクリームもやっぱりトルコ風カスタードクリームを使わず
生クリームにしました。


レシピを書いてくれた友人は少し失敗して生地が薄くなってしまったと
言っていたけれど、私は逆にそれが美味しかったし
家で一番最初に作ったとき、先日来ていた義姉たちに試食してもらったら
下の生地は薄い方がもっと美味しいとアドバイスをうけたので
ネットなどの写真を見ると高さがあるものが多いのですが
私も薄い方が食べやすくて美味しいと思います。



このケーキの名前になっている「 Kıbrıs(キプロス共和国) 」
キプロスに何年も住んでいた義妹に聞いてみたら
やっぱりキプロスのお店にもあるケーキなんだそう。
でも家庭で作る方が多いんですって。
どうしてその名前が付いたかは義妹も分からなかったのですが
キプロスにもあるケーキだということは分かりました。



パン粉やパンの消費に困ったら一度お試しを。







 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * トルコごはん【 レシピ 】
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<忍者と観光 | top | もぐらケーキ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bursa.blog.fc2.com/tb.php/331-58b7a3ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。