09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
* Profile *

hisosari

Author:hisosari
**************
ブルサ / トルコ在住

夫・3kids(男・女・男)
5人家族。


食べ物・子育て・日常生活など
思ったままに綴っています。

トルコの家庭料理も勉強中♪



**************
トルコで出会った料理のレシピ
こちらにも載せています。
     ↓↓
 hisosari@COOKPAD

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

* Time *

* Weather *

Find more about Weather in Bursa, TU

* Categories *

* Recent Posts *

* Recent Comments *

* Archives *

* Ranking *

ブログランキングに参加中♪

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

* Trip advisor *

パリ旅行をおすすめブログで

紹介して頂きました。

  → こちら

* Links *

* Materials *




イズニック小旅行(博物館・モスク編)

2011.10.23 00:46|* 旅行


旅先の歴史的なものに触れる度いつも思う事。


「もっと学生時代に勉強すればよかった・・」
「帰ったら少し深く掘り下げて調べてみよう!」


こんな風に後悔してみたり心に決めたりしているものの
何も変わらず旅行の度に同じ事の繰り返し・・


いつまで経っても成長なしです(苦笑)




さて、イズニックの陶芸を鑑賞した後、
私達は 「イズニック博物館」「グリーンモスク」を訪れました。





「イズニック博物館」(奥の方の建物)

IMG_6033.jpg






古代ローマのモザイク画

IMG_6047.jpg



何か台座のようなもの(かしら?)

IMG_6036.jpg



レリーフ

IMG_6037.jpg



石棺

IMG_6038.jpg




イズニック焼き

IMG_6039.jpg


お土産屋さんでいろいろと目移りばかりしていましたが
雰囲気と味の深みがある↑と↓の陶片とタイルが一番好みでした。


タイル

IMG_6046.jpg





これらの展示物は全て撮影OK。(日本は厳しいですからね)



トルコの小さな民族博物館ではよくあるのですが


ショーケースに入っているもの以外
そのまま館内や館庭にゴロンと置かれている状態の展示物も多く
(正確には放置?)


「え?いいの!?」とその保存環境に驚く事もしばしば。



とにかくトルコにはまだまだ遺跡が眠っているそうなので
全てを保管するというのは難しいのでしょうね。







「グリーンモスク」

IMG_6049.jpg


尖塔がエメラルドグリーンのタイルで壁が大理石のモスク。


ちょうど地元のおばちゃま達が
コーランのお勉強会をモスク内で開いていたので
お邪魔しないように中には入りませんでした。


IMG_6059.jpg




いろいろとゆっくり回りたかったのですが
ラマザン(断食月)中でしたので
皆は体力を消耗しないようにとあまり行動できず
少し不完全燃焼の旅でした。




今度はもっとじっくりと観光したいわ。





 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ
ジャンル:海外情報

コメント

イズニック博物館は、展示があまりに無造作でびっくりしてしまいますよね。
雨の日に行くと、照明が切れていて見えない所もあるし。。。
そんなところも含めて、イズニックが好きなのです。^^

ちょっと話がそれてしまいますが、イズニックは余りに田舎なため、暮らし辛い。
それで、以前はイズニックで活動していた作家さん達の中で、ブルサにアトリエを移してる方々が何人もいらっしゃるんですよ。
hisosari さん、ブルサでそんなアトリエ巡りをされるのも楽しいのではないかしら?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 地震

ご心配いただきありがとうございました。

私の住んでいるブルサは全く被害はありませんでしたし
親族・知人も東部には住んでおらず一安心しています。

近頃、世界各地で自然災害が多発していて
他人事では感じずに入られません。

駆けつけてくださって本当にありがとうございました。

ciniciniさん

私もヒッタイトで有名なカフラマンマラシュの博物館へ
行った時、野晒しにされている遺跡の数々に
驚きを隠せませんでしたよ。
あれだけの量を保存する場所も費用も無いのでしょうね。

ブルサに拠点を移されている方が何人もお見えなんですね。
私の行動範囲ではなかなかアトリエが目に留まることが
少ないのですが、少し調べて訪れてみようかしら。

エブルはブルサのアトリエで一度体験した事があります。
あれも本当に面白いですよね。
用具一式買い揃えようかと思ってしまいました(笑)


(↑コメントのお返事が前後してしまって申し訳ありませんでした。)
非公開コメント