09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
* Profile *

hisosari

Author:hisosari
**************
ブルサ / トルコ在住

夫・3kids(男・女・男)
5人家族。


食べ物・子育て・日常生活など
思ったままに綴っています。

トルコの家庭料理も勉強中♪



**************
トルコで出会った料理のレシピ
こちらにも載せています。
     ↓↓
 hisosari@COOKPAD

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

* Time *

* Weather *

Find more about Weather in Bursa, TU

* Categories *

* Recent Posts *

* Recent Comments *

* Archives *

* Ranking *

ブログランキングに参加中♪

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

* Trip advisor *

パリ旅行をおすすめブログで

紹介して頂きました。

  → こちら

* Links *

* Materials *




解熱鎮痛剤

2015.04.03 21:31|* 子育て




春の訪れが嬉しいばかりです。



2月後半から私を除いた家族3人で風邪を何順も繰り返していたので
やっと明るく暖かい春が来たことにホッとしています。



熱に弱い娘は風邪をひいて熱を出すとまだまだ発作を起こしてしまうので
家族の誰かが風邪を持ってくると(たいてい夫か息子)
私は一気にピリピリモードになってしまいます・・



息子が風邪を引くとほぼ確実に娘にもうつるのが恒例。
そんな娘に必要なのが解熱鎮痛剤。
薬を使って熱をコントロールしてあげなければなりません。





DSC_584000.jpg




トルコにはいろいろな製薬会社の解熱鎮痛剤があります。
子供にはパラセタモール(アセトアミノフェン)とイブプロフェンの成分のものが販売されていますが
私は安全性の一番高いと言われていれるパラセタモール(アセトアミノフェン)のものを
選んで使用しています。


普通に子供達が使用する頻度よりも多いので
その中でも娘には成分分量の低いTYLOLを飲ませています。




DSC_584888.jpg




私自身も頭痛の時はパラセタモール(アセトアミノフェン)成分のものを使用しているので
いい機会なので処方量に基づいて同等のもので少し比較してみました。



<パラセタモール成分の解熱鎮痛剤>

子供用シロップ(トルコ)    ・・ 150mg (スプーン1杯 5ml) 
      ※娘の使っているものは120mg
大人用錠剤(トルコ)       ・・ 500mg  (1錠)
大人用錠剤(日本)       ・・  80mg  (1錠)


トルコの大人用は症状にあわせて1~2錠なので一回につき500mg~1000mg
日本の大人用は2錠。 80mg X 2錠で一回につき160mg  


すごい差ですよね・・


日本人なら子供用シロップで大丈夫な気がします。


DSC_585111.jpg





解熱鎮痛剤の坐薬も 
※パラセタモール成分

日本の坐薬  ・・100mg
トルコの坐薬  ・・120mg


トルコの方が多めです。
 


日本とトルコでは使い方にも随分方針が違います。

発熱は悪いものではないので解熱鎮痛剤は使わないほうが良いという日本と
熱がでたらすぐに解熱というトルコ。

昨年末に娘が入院した時に37度台後半でも薬を飲んでという看護師に
「トルコではどうしてこんなに解熱鎮痛剤を使用するのか」と尋ねたところ、
「この国では熱を下げないと患者の家族に殴られる」と本気で返答をされました。
病院に来たのに治らないのは医者のせいなんですって。



耳を疑うような答えでしたが、ここトルコでは
そんな理不尽な場面をイメージできてしまうのですが
私だけでしょうか。





もちろん薬を使わないのに越したことはありませんが
子供が病気で元気がない姿はとても心が痛むもの。
少しでも楽になるなら使ってあげたいし、看病する側の心労も減りますし。



薬とはうまく付き合っていきたいですね。






 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ
ジャンル:海外情報

コメント

No title

こんにちわ

あまりの量の差にびっくりです
小さいときからこれだけきつい薬を飲ませてると普通の薬じゃあきかなくなりそうで
怖いですね。
なんでこれほど差があるんですかね?
日本は他の外国の国と比べて薬の1錠の量が少ないのかしら?

Re: No title

こんにちは まりさん

本当にすごい差ですよね。私もびっくりしています。
あまり確かな記憶ではないのですが、欧米人と日本人の代謝や肝機能が違うと
聞いた事があります。その関係もあるかもしれませんよね。
インフルエンザによる脳症も、欧米人では見られなくアジア人特有のものなのですって。
インフルエンザ脳症には解熱鎮痛剤の作用も大きく関わっているので
少なめになってるのかしら?なんて想像しています。
でもやっぱり薬無しで健康に暮らせる事が一番ですよね!
非公開コメント