ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



  1. スポンサー広告
ヒルトンに一泊 :: 2013/09/10(Tue)







家から車で20分ほどのところにブルサのヒルトンホテルがあります。


私が去年一年間出産で日本へ帰国している間に夫はここの会員になり
仕事の前、仕事の後にプールで泳いでいたそうです。



血の気の多い夫は体を動かさないと精神衛生上悪いので
今でも安定剤代わりに毎朝6時に家を出てひと泳ぎしてから
仕事に向かっています。






私たちもその会員の恩恵を受けて一泊してきました。

DSC_71633.jpg






ブルサにはアラブ系の人が多く観光で訪れます。
立地条件は悪くはないけれど、いつもどうしてここに建てたのだろうと
思っていましたが、上階へ登って納得。

ブルサのシンボル、ウルダー(ウル山)の裾野に広がる町が一望できる
素敵なロケーションでした。


夜景綺麗だろうなぁ。




page.jpg





食事はイタリアン。

私、トルコで初めてイタリアン食べました。
ブルサってトルコ料理以外の料理って殆どありませんから。



一番おいしかったのがオードブルで出てきた
タイムとオリーブオイルがしっかりしみ込んだ柔らかいパン。
あれってオイルが練りこんであるのかしら?どうやって作るの?
食べたらジュワ~っとオイルが出てきてタイムのいい香り♪
う~ん。もう一度食べたいわ。


page2.jpg






朝食も満足でした。


毎度の事ながらおチビがいるとゆっくり優雅には過ごせませんが
テーブル、椅子の上や周りは申し訳ないぐらいグッチャグチャ




少し贅沢をさせてもらった週末でした。

夫よ、ありがとう。













 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * 旅行
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<悲しい出来事 | top | いちじく>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bursa.blog.fc2.com/tb.php/173-2e2c3bf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。