ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



アリベイ島 :: 2013/08/28(Wed)







ブルハニエの海で遊んだ次の日は、少し南に下ったアイワルクの町を散策しました。
もう、すぐ鼻の先がギリシャで、この辺りに来るとギリシャのラジオ放送が聞けます。




アイワルクから橋が架かっていて、車でアリベイ島という島へ渡れます。
ビーチ側は遠浅で、50メートルくらい離れてもまだずっと膝くらいの深さ。
子供にも安心。



DSC_68022.jpg



こんな風にパラソルとテーブルが海の中に置かれていたりします。

ウユニの塩湖みたい!?






DSC_68111.jpg






島の中に入っていくとオリーブの古木もたくさん。
どれだけ前から植わっているのだろう。かなり古い。







DSC_68199.jpg




右も左もオリーブ畑。





一番奥のうっすら見える山が、ギリシャ。たぶん本土ではないと思いますが


DSC_68133.jpg






キリスト教の修道院。
この辺りでどんな攻防があったのだろうと思いを馳せてしまいます。


DSC_68222.jpg







ウミガメ!の干物


DSC_67999.jpg







ブルハニエ・アイワルクの海はわりと閑静な海。
ゆっくりと楽しめます。

来年はもっと南の方へ行けるといいな~。



来週から息子の学校もまた始まるので、夏のいい思い出になりました。









 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * 旅行
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<海の帰り | top | ブルハニエへ>>


comment

No title

ウミガメの干物!?って現地の方はどうするんですか!?

ぼろぼろっとなっているので飾りでは無さそうですね~(゜ロ゜;ノ)ノ
  1. 2013/08/29(Thu) 03:46:14 |
  2. URL |
  3. ふみち #r7MaJmCo
  4. [ 編集 ]

No title

海の中に置いてあるテーブルとイス。
足がひんやりして、過ごしやすそうですね。
アイワルクには行ったコトないですが、
なんだかとっても楽しそう。いつか行ってみたいです。
  1. 2013/08/29(Thu) 19:27:54 |
  2. URL |
  3. akdeniz #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

ふみちさん こんにちは。

干物と言っても死んで干乾びたものをただ置いてあるだけですよ 笑
飾りというか見せ物というか・・
海岸で死んだのかそれとも死んでから流れてきたのか。
近くに流木で作った柵とかがあったのでもしかして流れ着いたのかも!
  1. 2013/08/30(Fri) 06:59:45 |
  2. URL |
  3. hisosari #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

akdenizさん

お忙しいところ立ち寄ってくださってありがとうございます。
外国人の観光客は少なくそちらの海より賑やかさはないですけど
静かでゆっくりできますよ。いつか是非。
ただ、水温が低く真夏を過ぎるとシーズンが終わるので
やっぱり南の海の方が長い間楽しめそうです。
  1. 2013/08/30(Fri) 07:12:30 |
  2. URL |
  3. hisosari #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bursa.blog.fc2.com/tb.php/169-b3628a62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)