ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



  1. スポンサー広告
夫の故郷 :: 2013/08/14(Wed)





ブルサから車で10数時間かかるトルコ南東部に夫の故郷があります。

うんざりするほど遠いので一年に一回行くか行かないか。
足を運ぶのは今回で4~5回目くらいで最後に訪れたのは確か2年前。

今年はその「行く」の年。




トルコは東へ行けば行くほど乾燥した土地になっていきます。
日本からブルサに来ると肌の渇きを感じるけれど、夫の故郷へ行くとそれ以上の渇き。


山も岩山が多く山肌が剥き出しになっていて同じトルコでも全く違う雰囲気を感じます。







DSC_62344.jpg







義両親の家で好きなのは、綺麗に整えられたお庭。
果物が沢山生っていて乾いた土地のオアシスみたい。





DSC_62455.jpg






こういう家を見ると一戸建てはいいなぁと思ってしまう。




DSC_62533.jpg





義姉宅のレイハン(紫バジル)。
乾燥レイハンも美味しいけれど、生を千切ってサラダに入れると美味しい。





何年か前に夫が兵役でいなかったときにしばらくここにお世話になって
慣れ親しんだ町なのだけど、やっぱり緑がたくさんあるブルサが好き。

ブルサを出て帰ってくると必ずブルサのシンボル、ウルダー(ウル山)を見て
ホッとしてしまいます。




それにしても遠い。同じ時間で日本へ帰れてしまうわ。
「次に行くなら飛行機で」と言いつつも毎回車で移動。

なので次回こそは・・。










 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * 旅行
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<みんなでごはん | top | バイラム>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bursa.blog.fc2.com/tb.php/164-b5c215ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。