10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
* Profile *

hisosari

Author:hisosari
**************
ブルサ / トルコ在住

夫・3kids(男・女・男)
5人家族。


食べ物・子育て・日常生活など
思ったままに綴っています。

トルコの家庭料理も勉強中♪



**************
トルコで出会った料理のレシピ
こちらにも載せています。
     ↓↓
 hisosari@COOKPAD

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

* Time *

* Weather *

Find more about Weather in Bursa, TU

* Categories *

* Recent Posts *

* Recent Comments *

* Archives *

* Ranking *

ブログランキングに参加中♪

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

* Trip advisor *

パリ旅行をおすすめブログで

紹介して頂きました。

  → こちら

* Links *

* Materials *




お兄ちゃん

2012.08.08 00:42|* 子育て




妊娠中の兄の奥さんが入院することになってしまい
先週から一歳になる子供を我家で預かっています。
私は只今二人の子供の育児に奮闘中・・



兄の子が家族に入り、急にうちの息子は「お兄ちゃん」にならなければならなくなり
楽しんでいる様にも見えるけれど、無意識にストレスも感じているよう。



11月にはお兄ちゃんになる息子にはいい練習だとは思ったのですが、
そんなに簡単にいくものではない・・





0000.jpg






友人には、兄弟ができたら
「いじわるをするようになるから、上の子をまず可愛がってあげなきゃダメ」と助言され
「そうよね」と自分では分かっているように思えたけれど


実際にお兄ちゃんが意地悪をしてしまう姿を見ていると
どうしても弱い方を守ってあげたくなり「お兄ちゃんだからダメよ!」と注意してしまう。
それが繰り返されると、私の方も苛立って怒りに変わる・・

逆にお兄ちゃんらしく接する事ができると
「エライネ。さすがお兄ちゃん」と褒めてあげたりするのだけど



最近この「お兄ちゃん」という言葉によって
息子にストレスを与えてしまっているのではないかと思えてきました。




「お兄ちゃん」という肩書きを無理に与えてはいけないのでは・・
私が息子を生み、その日から急に「お母さん」という称号を得たものの
実際に自分の中身はまだまだ「お母さん」ではなく、その名前が重く感じた事があったと
ふと思い出しました。



「お兄ちゃん」「お母さん」という名前は無理に与えられるものではなく
きっと、ゆっくりと心で芽生えるものなのでしょうね。




私自身も息子と一諸に小さな家族が増えるという心の準備を
兄の子を通して勉強しているこの頃です。






でも育児って本当に体力がいるわ・・   ふぅ・・












 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ
ジャンル:海外情報

コメント

急な環境の変化で今は息子さんもとまどっているでしょうけど、
次第に慣れて、優しい“お兄ちゃん”らしさを身に着けてゆくのでしょうね。

写真の後ろ姿が、随分大きくなりましたね。^^

一気に二人の子育て、それも大きいお腹で大変だと思います。
特に、暑いですしね(トルコでも同じかしら?)。

「お兄ちゃん」というタイトル、日本らしいな、とイギリスへ来てから
思うようになりました。
イギリスに来た当初、子どもたちが自分のお兄さんやお姉さんを
呼び捨てにしているのを聞いて驚いたものです。
でも、今考えると「対等」な関係なんですよね、兄弟姉妹って。
年配者を立てる日本では、「お兄ちゃん」が大切な存在でもあり、
責任を負わせる存在でもあるような、そんな感じに思えます。

「お兄ちゃん」だから・・・なかなか難しいですね。
でも、こうして日本の社会の一員として育っていくんでしょうね。

hisosariさんの言葉
「「お兄ちゃん」「お母さん」という名前は無理に与えられるものではなく、
きっと、ゆっくりと心で芽生えるものなのでしょうね。」
という言葉がすぅっと胸にしみていきました。

ご参考までに

うちはバリバリ日本人家系ですが、姉妹(4歳離れてます)同士は、上も下も呼び捨てです。
怒ってるときなんか、かなり感情がストレートに名前で伝わりますね(笑)。
私は、2人をニックネームで呼んでます。
ご参考までに。

Re: タイトルなし

ciniciniさん

今までに見た事の無い意地悪している姿を見ると
親としてもなんだかショックですね・・
息子のいろいろな面を見ているような気がします。
こうやって成長していくのでしょうね。

息子、好き嫌いが多いのですが、なんとか育ってくれています 苦笑
なかなかトルコの道で自転車の練習ができないので
日本で習得させたいです 笑


Re: タイトルなし

haykichiさん

こんにちは。
トルコも暑いのですが、蒸し暑さは日本ほど無いので
朝夜は涼しくて気持ちがいいんですよ。

今は毎日お腹の子・息子・兄の子と3人抱え
汗だくになりながら髪を振り乱しています・・

イギリスって兄弟の呼び名がないのですね。
トルコでは日本と同じく「お兄ちゃん」や「お姉ちゃん」と呼ぶので
文化としては近いのかもしれません。

haykichiさんの仰るように「責任感を負わせる・・」
確かにそうかもしれませんね。
ある意味ではとても大切な事ですし、
でもそれを気負いすぎても重荷となってしまうので
微妙なバランスが難しいですね。

特に子供なんて、親に褒められたいという気持ちが強い分
無意識にストレスを感じる部分も多いのでしょうね。

実家で飼っていた犬や猫たちも
やっぱり先に飼っていた方がいつもストレスを感じて
性格が変わってしまう事もあったので
心のケアって本当に大事だと感じています。

難しいわ・・

Re: ご参考までに

こんにちは YUKIさん

娘さんたち、名前で呼び合っているのすね。呼び捨てで 笑
確かに怒っている時はモロに伝わりますね 笑

兄弟をどうやって呼ばせるかを考えるかなんて
もっと先のことと思ってたところだったので
兄の子が急に来て「お兄ちゃん」という言葉しか浮かびませんでした。
でも、これって結構重要ですね。初めて気がつきました。

息子の様子を見て、今後の呼び方を考えてみたいです。
非公開コメント