ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



  1. スポンサー広告
息子とスープランチ♪ :: 2011/09/20(Tue)

息子と二人ランチの時は(ほぼ毎日)


夫の夕食の一品も兼ねてスープを作っています。



息子の食物アレルギーが治って以来、

スープのコクになる
小麦・牛乳・バター・生クリーム・チーズ・卵・旨味調味料 etc・・を

気にせず使えるようになって
随分スープの種類の幅が広がりました♪

(化学調味料は今でもあまり頼らないようにしています)



スープの幅が広がったと言えども
やっぱり手軽に作れる簡単なスープが一番。



そこで、私の中でNo.1の手間のかからない簡単美味しいスープをご紹介。


 「トマトとシェヒリエ(Şehriye)スープ」 

foodpic1598190_400.jpg




▽▲ 材料 ▲▽

● トマト              2~3個 
● サルチャ(トマトペースト)    大さじ1
● バター              20~30g
● 水                800~1000ml
* シェヒリエ            1cup (200ml)
* 塩                適量
* 乾燥ミント            適量
 



▽▲ 作り方 ▲▽

1> トマトを横半分に切り、おろし金で実の方からすりおろす
(皮は使わない)
  ★お鍋の中に直接おろすと洗い物が少なくてすみます

2> ●の材料を鍋に入れて火にかける。 

3> 沸騰してきたら少し火を弱めてシェヒリエが軟らかくなるまで煮る。

4> 塩と乾燥ミントで味を調える。(ミントはトッピング用でもok)



「シェヒリエ」は極細の 「フィリーニ・Filini」 と呼ばれるショートパスタのようです。→ こちら


★ スープストックも化学調味料も使わないのでバターは多目。





トルコってあまり食物アレルギーの子供がいない為か
理解してもらえず随分苦労しました。


「たくさん食べれば治るでしょ!」 とか。


「ちょっとくらい入っていても大丈夫よ!」 とか。



私の見えないところで食べ物を与えられて(トルコってよくあるんです)
アレルギー症状を起こして戻ってくる・・

常に息子を取り巻く人を鋭く監視する日々でした(苦笑)

皆好意でやってくれてる事なんですけどね。



トルコでも都会ではアレルギーの子供が年々増えているそうです。
日本の子供よりは少ないと思いますが。


現代病ですね。


息子の食べる姿を見ると治ってよかったなとつくづく思うこの頃です。

次の目標は好き嫌いを無くす事・・(こっちの方が難しいかも)




********************

小さい子供だったら、早い段階でアレルゲンの食材を特定して
ちゃんと完全除去してあげれば、胃腸が強くなる3歳までには殆どの子供は治ります。

小さなお子さんがアレルギーで大変なお母さん。

きっと治るのでそれを信じてがんばりましょうね。







 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * トルコごはん【 レシピ 】
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ズッキーニの煮物 | top | 新しい出会い>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bursa.blog.fc2.com/tb.php/13-226c2e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。