ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



  1. スポンサー広告
トルコ 今後の50年 :: 2012/05/01(Tue)




先日チラリとトルコの「こどもの日」の世界各国の子供達が集まる
大イベントで日本の子供達の和太鼓の演奏が本当にすばらしかったと
書きましたが  →こちら




ひつじ飼いの遊牧民的日常2のひつじ飼いさんが
その日本の子供達の和太鼓の演奏の動画をUPされていました。


福島県の郡山市の子供達なのだそう。
震災に負けぬ力強い太鼓の音と子供達のいきいきとした笑顔が
見ている側が元気になれるような演奏です。




何度も何度も見て心打たれていました。



是非みなさんにも見てもらいたいです!   →こちら






0100.jpg







さて

先週末、日本から荷物が届きました。


主に食料を送ってもらったのですが



その中にこんな本も。

ご存知ですか?



「これから50年、世界はトルコを中心に回る」 著 佐々木良昭


トルコ50年






どこから聞いた本なのか、夫が注文しました。  (読めませんが・・)

夫は池上彰さんが好きで
前も彼の本を読みたいと言って買ったのですが、結局読んで要約するのが私。


今回もそんなパターンになりそうです。(でもトルコ語でも出版しているのだとか?)





母が送る前に先に読み
「60点」の評価。


美化されるすぎているのだとか。







私はまだ冒頭しか読んでいないので感想は無し。


例え50年世界がトルコを中心に回っても
ひまわりの種の殻だけはあらゆるところに落ちているんだろうな・・



というのが私の見解  笑










この本ではお腹も心も満たされないので


たらこスパ




やっぱりこういうものの方が私は嬉しい。







 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * トルコ事情
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<第2子 | top | 青いくだもの>>


comment

バナーの写真が可愛い!
手に持っているのはなんだろう?って見てたら、
画面に頭がぶつかりました。笑

なんだか、こちらの方が益々調子に乗っちゃいそうなタイトルの本ですね。^^
50年後どうなっているのでしょうか。
興味深いですね。



  1. 2012/05/01(Tue) 21:01:30 |
  2. URL |
  3. cinicini #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ciniciniさん

この本のタイトル、トルコ人なら手に取りたくなってしまいますよね!
50年後、日本とトルコ間を2~3時間で飛べるようになってて
くれてないかしら 笑 (いや もっと近い将来がいいですよね)

バナーの写真、息子は落ちていた小さな蓋に砂を入れ
短い木の枝を持って料理を作っていました 笑
何でも遊ぶ道具になってしまうんですよね 子供って。
  1. 2012/05/02(Wed) 13:50:05 |
  2. URL |
  3. hisosari #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bursa.blog.fc2.com/tb.php/111-dd7546bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。