FC2ブログ

ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



  1. スポンサー広告
義母さん :: 2018/05/29(Tue)





義母が旅立ちました。

先週夫の故郷に行ったときにはもう残り僅かだと言われていたので
心の準備はしていましたが、やはり人の死、身近な人の死というのは
やり切れない思いがあります。

夫を含め、海外や遠方に住む兄姉妹達全員が集まり今日がお葬式です。
私と子供達はブルサに残りました。

夫は大家族で育ったのですが
兄弟は実に、9人兄姉妹。
下から2番目です。
男5人、女4人。
夫は双子だったとは言え
義母は8回も出産を経験し、9人の子供たちを育て上げたビッグマミー。


田舎のお母さんで、家事・育児・コーランに人生全てを費やしてきた
真面目な人だったと思います。


同居はしておらず一年に一度顔を合わせるか合わせないか
あとは電話で近況報告くらいな感じだったので
当たり障りのない良好な嫁姑関係でした。

9年前に夫が遠方に不在だった時に、夫の実家に滞在して
一度だけ義母と大喧嘩をしたことがありました。
たまらず荷物をまとめて小さな息子を抱えて、家を飛び出し
義姉の家に転がり込みましたけど 笑
今となっては懐かしい話です。


毎年故郷に帰るたびに一緒に大量の乾燥ミントや乾燥紫バジルを作ったり
サワーチェリーのジャムを作ったり
二人で一緒に座って日本はどうだ?家族はどうだ?なんて他愛のない話をしながら
保存食作りのお手伝いをしたっけなぁ・・


いつも子供や孫たちの健康を祈って、自分のことは後回しで
人の前に出ない謙虚な人でした。


DSC_361666.jpg




9人の子供。
22人の孫。
3人のひ孫。


本当に大きな家族に恵まれて、大きな家族に見守られて
この世を去っていきました。
義母がいなければ、夫もいないし、目の前にいる私の3人の子供達もいません。
義母さんに本当にありがとうと言いたいです。


晩年はずっと痛みに苦しんでいたので
今はゆっくりと休んでいるだろうと思っています。
義母さん、本当にお疲れ様でした。




 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * 家のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。