ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



  1. スポンサー広告
Shirami :: 2018/03/26(Mon)





夫がまた中国へ出張です。 
いつも子供を見てもらっていた時間に3人子供がギャーギャーしていると
家事がはかどらず一人でキィー!となっているけれど
ダイエット料理を夫用に別で作らなくていいし、洗濯物も少ないし
バタバタイライラのような、手抜きでのんびりのような日々を送っています。



さて、タイトルの「Shirami」。
美しい「Tsubaki」でもなく、美味しい「Sarami」でもなく
あの虫の「シラミ」です。
タイトルにドカンと漢字やカタカナでずばり書くとアレなんで
ちょっとローマ字でマイルド?に書いてみました。


先日、娘の幼稚園の先生に 「頭をかゆがっていたので、見たらシラミの卵があった」
と言われました。 

え?


「他の子にもいたのですか?」と聞いたけど
うちの娘だけにいたのだとか。
とりあえず先生の指示に従って薬を買って使うことに。


でもね、家でかゆがっている素振りなんて見たことないし
私の小学生の頃にも学年でシラミ騒動があって、先生が「これがシラミの卵です」と
実物を見せてもらったことがあるので、シラミの卵は私も知っているけど
探しても探しても娘の頭に卵らしきものは無い。 ←虫より卵のが発見しやすい

それこそ虱潰しに探しましたよ 笑


別にね、木や草があれば虫が寄ってくるのと同じで
先進国、途上国、毎日頭を洗う、洗わないは関係なく
そこに子供の頭があれば寄ってくる虫で、
どの子にもあり得る事なんでいいというか仕方がないんです。
大人は整髪料など使うからシラミが嫌がってあまり付かないのだそう。


ただね、やっぱり卵を自分の目で見ない限りは信じ難いですね~。
ほんとに見たの?ちゃんと知ってるの?フケやゴミなんじゃないの?って。


その時は帰りのお迎え時で先生も忙しそうで、私も急な話で驚いたので
「そうでしたか・・」と必要な話をしただけで去りましたけど
家に帰ってからなんだかモヤモヤと。
夫にも相談しましたが、反応は薄く 「いいんじゃない?薬使っとけば・・」くらい。 



DSC_277444.jpg




とりあえず、いるのかいないのか分からない「Shirami」くんを退治するために買いましたよ・・
もしいたとして他の子に移っても可哀そうですしね。


シャンプーとスプレータイプがあると言われ
スプレーの方が確実に退治できるそうでスプレーを買いました。
スプレーで髪全体を濡らして15分置いてから通常通り洗髪して乾かして櫛でとかす。
これだけです。

一週間後にもまだ卵を発見したら2度目を・・と言われましたが
そもそも一度も発見していないし、症状も所見もないので
一回だけ使いました。
使用前使用後の効果も不明です 笑



あと、シラミ君の嫌いな香り、ラベンダーオイル。
耳の後ろや襟足にうっすらつけるといいのだそう。
枕にも予防でつけてあげてもいいですね。
トルコはハーブオイルが簡単に手に入るのでこういう時にとても便利です。


今回は、金曜の帰りに報告され、土日に薬使ってねってタイミングで
翌日改めて話をする機会もなかったので、先生に言われるがままにしてしまいましたが
その場で先生と一緒に「実物確認」「実況見分!?」すればよかったな~と後悔しました。
モヤッとする前にきちんと発見者と確認することをお勧めします 苦笑



集団生活では、感染症といい、ムシといいほんといろいろなものもらってきますね・・
子供達よ、強くなれ。








 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



スポンサーサイト

テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * 子育て
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。