ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



ハシュラマ :: 2018/02/16(Fri)





この間の犠牲祭は日本にいたので参加できず
いつも牛肉や骨でいっぱいの冷凍庫も
今年はなんだかスカスカ状態。


あったらあったで邪魔だな~なんて呟いているんですけどね。
無ければないで、なんだか寂しい。


毎年夫がトルコ風ポトフの「ハシュラマ」を
犠牲祭のお肉で作ってくれるんですけど
今年は骨付き肉が無いので食べていませんでした。
そういえば、今年は魚もあまり食べていないんですよね。
気温が暖かいからか魚が高い!



で、夫が作ってくれないので
今年は私が作りました。スーパーの手羽元ですけど。


「ハシュラマ」

DSC_2270000_20180216194335a3e.jpg





ポトフと言うとコンソメ コンソメになりがちだけど
トルコ料理は化学調味料って使わなくても美味しいので
このトルコ風ポトフ「ハシュラマ」も素材の味だけで十分美味しい♪


夫は1年に1~2回くらいは料理をしてくれますが
仲の良いトルコの友人夫妻のご主人(トルコ人)が
いつも率先して料理を手伝っている姿を見ていると
やっぱり羨ましい!!


先日は、ご主人作の「チィキョフテ」がおすそ分けに配達されて!
あぁ料理のできる男の人って素敵と思ってしまいました。



うちも月1くらいでやってくれると「おっ!いいじゃん」って見直すんですけどね~。


結婚11年目。
料理に目覚めさせるのはもう遅いかな・・
それより息子に料理に興味を持たせた方が早いわね。




 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * トルコごはん【 レシピ 】
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ヤギの足の揚げパン :: 2018/01/22(Mon)






冬休みが始まりました。
息子はウィンタースクールへ。
娘はなるべく風邪をひかせたくないので、おうちでうるさく・・ 
でも学校へは息子一人で歩いて行ってくれるので、冬休み中は送り迎えが無くてラクちん。


学校は家からすぐそこ、300~400mのところにあって
学校を挟んだあちら側に友人の家があり、よく歩いて遊びに行ったりします。

朝、息子と娘を学校に送り届けた後、その友人の家で一緒に朝食を食べたりもするのですが
ベビーが生まれてから、朝食はだいたい立ってつまんで口の中に放り込むくらいで
座ってゆっくりと食べることを忘れてしまっているので
こうやって呼んでもらえると、家の仕事も忘れられてホッとひと息もつけるし
特別なメニューではないけれどたくさんのお皿を並べておしゃべりしながら頂く
トルコの朝食文化に幸せを感じます。



「Keçi bacağı」

DSC_2143333.jpg





ヤギの足という名前の揚げパンを教えてもらいました。
名前の通り二股に分かれています。

イーストを使った「ピシ」は何度か作ったことあったけれど
重曹は初めて。
発酵時間もないし、重曹の風味がトルコの朝食には欠かせない
チーズやオリーブ、卵がよく合うんです。
冷蔵庫でねかせている間に他の準備できるので、今度朝食のおもてなしがあった時は
これもメニューにいれてみようかな~

子供たちはこれに粉糖つけて甘いドーナッツ風のが好みでしたが
子供用にはそれでもいいかも。


休みだと3食作らないといけないのが、これまた億劫で。
まだ始まったばかりなのに、2週間が長く感じます・・


そう。ベビーがここ数日手放しで立つようになりました。
冬休みが終わるころには歩けるようになってるかな~
色んな意味で冬休みの終わりが楽しみです 笑





 
 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



  1. * トルコごはん【 レシピ 】
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
タヒン入りアイスクリーム :: 2018/01/08(Mon)






今年はどうしちゃったのでしょう。
1月だと言うのに秋のような気温。
例年ならこの時期は少なくとも一度は雪が積もっていたのに。
今週は最高気温14~16度ですって。
アンタルヤにいる義兄からも先週海に入ったって写真が来てました。

ベビーや娘たちが風邪をひかないようにと考えれば暖かい方がいいんですけどね。
ちょっと地球が心配だったりします。



「ドンドルマ (アイスクリーム)」
ほんと、トルコの人って冬のアイスクリームって食べないですね。
日本なら冬季限定味とかあって、冬だから美味しいアイスもたくさんあるのに。
冷たい・寒い=風邪をひく と発想が直結しすぎな気がしますが。


でも今年のような冬はアイスを食べてもあまり非難されないかしら 笑
我が家は冬でも食べますけどね。トルコでは怒られる家庭もあるので。


「タヒン入りアイスクリーム」

DSC_2054444.jpg





アイスクリーム屋さんや市販のアイスでタヒン入りを食べる時いつも
これにプラリネを入れたら美味しいんだろうな~ってずっと思っていました。


いつか作ろう作ろうと思い何年も経ってしまいましたが
秋に夫の故郷で買ったお店で挽いてもらった挽きたての美味しいタヒンペーストと
最近、知人の農場から新鮮な卵を直送してもらっているので
このコンビネーションを外してはいけないと重い腰を上げ
タヒンペーストが終わってしまう前に作りました。


プラリネ入り、美味しいです♪
夫や子供達にも好評でした。
やっぱり冬のアイスは美味しいです。
タヒンのような濃厚なアイスは冬向けのアイスですね~




新鮮な卵があったら
冬のタヒンアイス是非どうぞ♪







 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * トルコごはん【 レシピ 】
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
ボスタナ :: 2018/01/04(Thu)





あけましておめでとうございます。


一昨年の年末年始は夫が出張でおらず、
昨年は夫の大手術があったため
2年ほど家族そろっての年越しはできませんでしたが
今年は久しぶりにみんなで年明けることができました。


日本と違って味気ない年明けですけど
家族みんなで一年を迎えられたことは小さなことのようですが、
とても意味があったと思っています。



アダナ料理。
他の地方は分かりませんが、ブルサには結構アダナ料理のレストランがあるのでよく行きます。
そこで前菜で出てくるザクロのスープ「Bostana(ボスタナ)」
好きなんですよね~。

でも一人一皿ではなく2~3人で一皿分しか出て来ないので
早く食べたもの勝ち・・
ずっと家で作ってみようと思い、やっと時間ができ作れました。ザクロを剥くのが面倒で・・


「Bostana(ボスタナ)」

DSC_1935555.jpg





この秋にアダナに住む義兄を訪問したんですけど
アダナにはハズレのレストランが少ないと義兄がよく言っていた通り
どのお店も美味しい!
さすがアダナの主要産業が農業だけある!
ブルサのアダナ料理のレストランよりやっぱり本場のアダナ料理ですね~

前菜も、前菜だけでお腹がいっぱいになるくらい
もちろんメイン料理も美味しいし、朝食だって美味しい。
アダナに住みたいって思ってしまいました。


ちなみにこのBostanaはウルファ地方のものだそうですが
アダナ料理でもよく食べられています。



今年もいろいろ美味しいもの探ししながら
家族の健康を保っていきたいと思っています。



みなさんにとってもよい一年となりますように。




 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * トルコごはん【 レシピ 】
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
チョケルトメ ケバブ :: 2017/12/26(Tue)







年末感、例年通り全くありませんが
この時期はどうしても高カロリーなものを求めてしまいます。


クリスマス、お正月、忘年会、新年会を体が覚えているのでしょうか。
いつも以上に味が濃くて美味しいもの食べたくなります。
そして、その欲望に従ってしまう・・




「 Çökertme Kebabı / チョケルトメ ケバブ」

DSC_1833333.jpg




ポテトにケバブ。合わないわけがない。
昔に比べたらこういうのを食べる機会も減りましたけどね。
でもまだまだ子供たちに混ざってポテトやお肉の争奪戦してしまいます 笑


ベビーはつたい歩きが始まり、目を離すと階段を上るようになって
子供の成長って早いな~と改めて実感中。
片や、70超える義母は歩行困難になり、足の付け根の手術。
歳を取っての手術は精神的にも体力的にも大変でしょうが、
孫たちのためにリハビリで早く元気になってほしいものです。


最近毎年同じこと願っていますが
やっぱり来年も家族、友人、みんな健康でありますように。






 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * トルコごはん【 レシピ 】
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ