09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
* Profile *

hisosari

Author:hisosari
**************
ブルサ / トルコ在住

夫・3kids(男・女・男)
5人家族。


食べ物・子育て・日常生活など
思ったままに綴っています。

トルコの家庭料理も勉強中♪



**************
トルコで出会った料理のレシピ
こちらにも載せています。
     ↓↓
 hisosari@COOKPAD

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

* Time *

* Weather *

Find more about Weather in Bursa, TU

* Categories *

* Recent Posts *

* Recent Comments *

* Archives *

* Ranking *

ブログランキングに参加中♪

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

* Trip advisor *

パリ旅行をおすすめブログで

紹介して頂きました。

  → こちら

* Links *

* Materials *




ただいま!ブルサ

2016.08.05 16:19|* トルコ事情




クーデター未遂のあった翌朝、予定通りアンタルヤ方面へ旅行へでかけました。


ブルサでは特に何事もなく夜は明けて行ったのですが
朝近所のガソリンスタンドで給油をしていたらスタンドのおじさんが
「昨晩はガソリンの入れ逃げが何件もあった」と嘆いていました。
何も混乱のなかったブルサで、火事場泥棒・・というか
火事場はなかったのでただの泥棒。
呆れます。



旅行は申し訳ないくらい平和に美味しく楽しく過ごしてきました。
念願のラム子食堂にもお邪魔でき、久しぶりの旅で
心も体もフルチャージ♪


でしたが、娘が何かの感染症をお土産でもらってきてしまい  原因はおそらくホテルのプールの水
家に戻った翌日から高熱および下痢で発作の群発。
病院でそのままホリデーの続き・・ 
3食食事付き無料ホテルで5日間の延泊。とほほ
少し長旅だから体調は崩すだろうとは予想していましたが
まさか入院になるとは。


でもこれを差し引いても楽しい旅行だったので
また機会があれば行きたいな~♪




DSC_714000.jpg




アンタルヤのクーデター関連の看板。


 クーデター反対!

 ありがとうトルコ。
 民主主義の勝利!



と、こんな感じのキャッチフレーズ。
なんだかモヤっとするものを感じてしまいました・・




ボチボチと旅の写真をアップしていきたいと思っています。








 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ
ジャンル:海外情報

ナチュラルウェディング

2016.05.16 14:03|* トルコ事情




夫がイラストレーターのスキルアップが必要で
仕事帰りに講座を受けに行っていたことがあって
そこで知り合った友人女性の結婚式に先日招待されてお祝いに行ってきました。



彼女の本職は会計士さんなのですが
仕事の合間を縫って写真家としても活動されていて
各国を回って写真を撮りトルコで個展を開いたりしている
パワフルな女性。


結婚式はガーデンウェディング。
今の時期、外での結婚式はとても気持ちがいいです。




DSC_573222.jpg





身内とごく親しい友人だけの少人数で
食事は立食で軽く、服装もカジュアル。
バリバリのトルコ音楽やダンスもなく
BGMはまったりボサノバ♪


女性は再婚ということもあってか
豪華な衣装ではなく
シンプルなデザインのふわふわドレス。
花冠もとても素敵。


新緑と純白と紫が眩しい
大人のナチュラルウェディング。 いいなぁ~
いろいろトルコの結婚式を見てきたけれど
年相応の肩に力を入れない気取らない結婚式。
こういう自然な感じの好きだな~。




DSC_573666.jpg






お相手の男性はどんな方?と思ったら
フィギュアスケートのプルシェンコ選手の闘志を全て削ぎ落とした
優し~いマイルドなスイス人男性。


お似合いのカップルでした。



お似合いのカップルといえば、話は飛びますが・・・
一年くらい前にこの写真家の彼女に写真を撮りに行こうと誘われて
沼地のような湿地帯に行った時に写真に撮りおさめたナイスカップル。





DSC_630777777.jpg





水牛のカップル。 好きなんです。この写真。
カメラ目線くれました♪ 可愛い~
水牛の名前がトルコ語で「マンダ」って言うのもなんか可愛くて好き。
この写真以降、なぜかマンダにすごく愛着が湧くようになってしまいました。




話は飛びましたが
7月初めには夫の故郷で結婚式に参加の予定。
こちらは宗教色の濃~い結婚式。
どんな結婚式になるか楽しみです。




が、

その前に、夫の故郷に車で10何時間もかけて行く道中が
もう既に今から憂鬱だったりします・・







 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ
ジャンル:海外情報

ブルサのテロ

2016.04.28 16:53|* トルコ事情



ついに来たか。という感じです。
イズミルやアダナ、アンタルヤの方が狙われやすいかと思っていました。



昨日の夕方にブルサのセンター街で自爆テロがありました。
不幸中の幸い、死者は犯人の女性のみで負傷者十数名は
命にかかわるような重傷者はいなかったようです。


今回の現場となった場所は、
トルコ国内外から観光客の訪れるセンター街。
ウル・ジャーミという世界遺産の大モスクがあり
オスマントルコ時代からの街並みが残るパザールやキャラバンサライ
イスタンブルほどの喧騒ではないけれど、人が集まり賑わう場所。


日本からのトルコ企画旅行でもブルサ経由のツアーをいくつも見るようになり
もっと旅行者が増えればいいのにと思っていたところでした。



DSC_37666666.jpg





もしブルサでテロが起こるとしたら、まずここだろうという地域でしたが
まさかモスクのすぐ隣で起こるとは衝撃でした。
きっと犯人は「アッラー(神)は偉大だ」なんて唱えながら自爆するのでしょうが
モスクのすぐ隣で犯行に及ぶなんて
こういったテロリストたちは宗教の名を利用しただけの
倫理のかけらもないただの殺人集団なんだと改めて強く思いました。


今までもこうしたトルコのテロのニュースをリビングのテレビで見るのですが
ニュースなどにも興味を持って見るようになった息子は
「Canlı Bomba (人間爆弾)ってなに?」って聞くんです。
トルコのテレビニュースをつけていれば
こんな単語を事あるごとに耳にするようになってしまった時代。
もちろん衝撃を与えないように説明しますが
7~8歳の子供がこんな言葉を覚えてしまうということ。
私が平和な日本で育ってきた日本人だからでしょうか。
なんとも言葉にできない感情が湧いてきます。



しっとり穏やかな緑のブルサ。
もうこれ以上の被害がでないことを祈るばかりです。






 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ
ジャンル:海外情報

防災バッグ

2016.04.18 16:05|* トルコ事情




熊本・エクアドル、大きな地震が立て続けに起こり
地球はどうなってしまうのだろうと不安にならずにはいられません。
地球の下ではいったい何が起こっているのでしょうか・・

私は人生で震度3までの地震の揺れしか体験したことがなく
それ以上のメガ級の揺れに襲われることを想像したら
冷静にいられるだろうか、子供たちを守れるだろうか・・と
恐れを感じます。


私が住んでいるブルサも大きな活断層が走っていて
イスタンブルと同様にいつ起きてもおかしくない大きな地震が
近々来ると予測されています。
建設ラッシュで埋め立てた地盤の弱い地域もあって、
その当たりは液状化するとも言われています。


息子の学校では防災訓練を時々している様で
随分前に防災バッグを作ってくださいとのお知らせも来ました。
息子に「作ろうよ~」と何度も催促されていたけれど
ここトルコでは日本のように地震に対しての緊張感もなく
来るであろう巨大地震に対しても市や町が対策を練っているかというと
そんな様子も見受けられないし、日本以上に実感は沸きません。
息子が子供ながらに抱いた危機感で防災対策をしようという提案にも
なかなか重い腰があがらず「今度準備しようね~」くらいに流していましたが
今回の熊本地震、その後のエクアドルの地震をうけて
地球の下で何か動いているという危機を急に感じ
週末に息子を誘って防災バッグを作ることにしました。



DSC_554000.jpg





急に思い立って作ったものだから無いものがたくさんで、まだスカスカ 苦笑
やっぱり前もって準備して揃えていかなければならないですね。
日本のようにカバン一つ買えば便利な防災セットがだいたい入っているなんて
ものは身近なところで売っていないし DIYとかいけばあるのかしら?
少しずつ集めて中に入れていこうと思っています。


まだ水も食糧も揃えていないし
完成には時間がかかりそうですが
家族分の防災バッグと非常食のストックを用意するつもり。
日本の非常食の進化がすばらしい!うらやましい!



いつ地震が起こるか分からない、起こらないかもしれない、でも起こるかもしれない!
起こらないに越したことはないのですが
起こった時に「あの時息子に言われたとおりに準備しておけばよかった」と
後悔しないようにバッグを完成させたいです。



とはいえ、息子。
バッグを準備するときはまるで遠足やお泊り会に行くときのようなテンション 笑
枕はどうする?とかお菓子は何がいいかなぁとか。
地震が起こった時の想定なんてまるでアドベンチャー。
でも今の段階で子供には地震に関する知識や情報は必要ですけど
今から恐怖感とかストレスは与えなくてもいいですしね。
楽しんでいます 笑
義姉からの電話でも嬉しそうに防災バッグを準備したことを報告していました。




ただいま夫は中国出張中。
こういうときに地震が起こらないことを願うばかりです。





 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ
ジャンル:海外情報

悲しい出来事

2013.09.10 17:11|* トルコ事情





トルコの観光地カッパドキアで悲しい事件が起きました。


先日オリンピックの開催地やレスリングの存続などで
嬉しいニュースの直後だからなおさら衝撃は大きい。



未来ある若者、憧れの地に訪れて期待もいっぱいだったでしょう。
このような事件に巻き込まれて・・怖かったでしょう・・
胸が詰まります。


トルコに住む私たちも辛いです。






DSC_70166.jpg





トルコはとてもいい国です。



日本のように女性の敵となるようなおかしな行動をする警察、教師、自衛官などもいません。
むしろ女性の安全は守られていて、誰か悪い人を見つければ絶対に容赦しません。






犯人が早く捕まりますように。
もう一人のお友達、必ず回復しますように。

亡くなった若者のご冥福を心からお祈りします。








 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ
ジャンル:海外情報