02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
* Profile *

hisosari

Author:hisosari
**************
ブルサ / トルコ在住

夫・息子・娘
4人家族。


食べ物・子育て・日常生活など
思ったままに綴っています。

トルコの家庭料理も勉強中♪



**************
トルコで出会った料理のレシピ
こちらにも載せています。
     ↓↓
 hisosari@COOKPAD

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド

* Time *

* Weather *

Find more about Weather in Bursa, TU

* Categories *

* Recent Posts *

* Recent Comments *

* Archives *

* Ranking *

ブログランキングに参加中♪

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

* Trip advisor *

パリ旅行をおすすめブログで

紹介して頂きました。

  → こちら

* Links *

* Materials *




* 咳止めに *

2017.02.17 18:35|* 子育て




我が家は娘が風邪薬の使用を制限されているため
息子にはそういった制限はないけれど
薬自体あまり与えたくないので
家族みんな風邪薬は飲みません。


結局風邪薬なんて気休めですしね。
あとはトルコの民間療法にならって
蜂蜜舐めさせたり、ハーブティに頼ったりでだいたい風邪薬を飲んでも
飲まなくても同じくらいの期間で治っていきます。


今年は夫が手術をしたために
家の中には感染症持ち込みは厳重警戒でした。

いろいろ注意していてもそれでも子供が風邪っぽく咳をしたりということが
ありましたが、そんな時に活躍したのがコレ。



「タイムシロップ」

DSC_835999.jpg



病院で処方される薬ではなく、なんて言うのでしょう・・
ハーブの子供用シロップです。

タイムは喉によく効くのを実感しているので
うちでもタイムティーとしてよく飲みますけど
Cpicon トルコのハーブティー☆タイムティー by hisosari
子供にも飲ませたいけれど飲みづらくて飲まないんですよね。


これなら苦味も多少ありますが甘味もあって濃縮されているので
ペロッと一口で終わり。



乾いた咳や痰が絡んだ咳を沈めてくれます。
もちろん劇的に!!ってことは無いのですが
和らげてくれます。


化学薬品の咳止めで無理に咳を止めるのではなく
自然のハーブの効能を用いて症状を緩和させてくれるので
もっと安心して飲ませられます。


来週は20度近くに気温が上がる日もあるようで、
少しずつ暖かくなり春の訪れが近づいてる気配です。

まだ冬が終わったとは言えないけれど
息子はこの冬、このタイムシロップにもお世話になり
一度も寝込むような風邪もなく学校も休まず冬を越せそうかな~。


子供用のシロップですが
大人でも分量調節すれば役に立つかなと思います。 ※妊娠授乳中は注意







 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ
ジャンル:海外情報

朝食会ときのこの山

2017.01.24 16:20|* 子育て



子供達は冬休みに入りました。


ウィンタースクールが1週間ほどあるのでそれに参加したら、
実質1週間のお休み。
今週1週間は社会科見学のように毎日午前中いろいろな場所に
連れて行ってもらい、午後からは冬休みの宿題や補習授業の時間。


学校で冬休みの宿題をやってくれるなんて
なんとありがたい・・涙
前の学校では袋の中に宿題をどっさりと持ってきて、
夏休みも冬休みも親子共々イライラ。
今はそんなストレスもなく息子も学校で伸び伸びやってくれています。


初日の昨日の校外学習のテーマは
「お友達のお家で朝食会」


私も娘と一緒に参加してきました。
朝食っぽくはないけれど、子供たちが好きそうなカラフルなアラザンと
チョコをコーティングしたシフォンカップケーキを手土産に。



DSC_834888.jpg




朝食風景はカメラを出すのを躊躇してしまったのでスマホ以外では
撮らなかったのですが、豪華で見栄えのする朝食でした。

ずっと1か月ちょっとストレスフルな状態だったので
久しぶりに外の空気を吸い、美味しい朝食をいただき
リフレッシュできました♪


母親の私達には主婦のおしゃべり会のような朝食会でしたが
先生は朝食の後もちゃんとお家の一部屋を借りて
一時間ほど子供たちに勉強の時間を与えていました。
いつもと違う環境でみんなと遊んで勉強するのも楽しいですよね。


息子、学校も先生も友達も大好きです。



話は全く違いますが
最近、こんなお菓子を見つけました。  お菓子の新商品チェック大好きです♪



DSC_830777.jpg



トルコ版きのこの山 !?


かな~り貧相なきのこの山。
軸の部分がペラペラ・・


ネットで調べてみると明治の海外版でchocoroomsという
きのこの山が出ているんですってね。
でももっとパッケージもしっかりしているし、きのこも綺麗だし。
meijiって書いてあるし。


う~ん・・これはもしかして。
写真には写りませんでしたが、パッケージに英語のスペルミスもあったりして 笑
meijiなんてひとことも書いていないしね。


小さな袋で1TLで、他のチョコスナックと比べて割高ですが
お味は美味しいです。
ガッカリしないです 笑
トルコできのこの山が食べたくなったらこれでも十分満たされる感じ。



でもね、私はきのこよりもタケノコ派なので
たけのこの里が食べたいわ~。
あのクッキー部分の食感を再現するのって難しそうだし
たけのこの里は日本から送ってもらった方がよさそう。






 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ
ジャンル:海外情報

息子の学校

2016.10.21 17:40|* 子育て




息子、今年から学校を変わることにしました。


家から徒歩5分もしないところに新しい学校が新設され
付属の幼稚園もあるので娘と一緒に歩いて通わせれるというのが
一番の決め手でした。


すごく迷いました。
今までの学校も不満は多々あったけれど、それなりに楽しそうに学校生活を送っていたので
転校することで友達も新しくなって環境も全く変わるしストレスにならないだろうかとか
学校も新設一年目でちゃんと授業など回っていくのだろうか・・とか
トルコならではの心配事もアレコレアレコレ・・


だってね、施工を始めてから何度も学校の仮設オフィスに足を運んで
工事の進行状況を聞いていたんです。
初めは5月に完成と言っていたのに、それがずるずるずるずる・・
結局、9月の始業日当日も完成していない部屋があって工事していましたから。
こっちも不安になるのも当然です。
これだからトルコ仕事は・・



それでも結局、息子があっちの学校、娘がこっちの幼稚園となると
私に負担がかかるので、思い切って新しい環境に踏み込む決意をしました。



DSC_802999.jpg






学校が始まって約一か月。
結論としては、学校を変えて正解でした。



娘は最初は泣いて私と離れるのを嫌がりましたが
今では自分から手を放して教室に飛び込んでいくようになったし。
家から近く何かあってもすぐに飛んでいけるし
クラスは新設校で人があまり集まらなかったらしく(定員割れ?)
息子のクラスはたったの7人。
小学校の全校生徒もおそらく50人はいない・・
ちなみに中学も併設されていて そちらはもう少しいるはず?
先生も落ち着いた先生で、一人一人勉強を指導してくれて
塾のようなプライベートレッスンのような感じ。
ゆっくりじっくり勉強を見てくれます。


どこの学校もそうですけど一人の先生につき20~30人の生徒がつくの通常で
なかなか先生も目が届かせるのが難しいと思うんです。
生徒一人一人の声を聞くのも大変で、ついつい「ハイハイあとでね」ってなってしまうし。
それで前の先生に息子も不満を言っていたことがあったので。

今は友人関係も先生とも良好で毎日「今日も楽しかった~」と満足して帰ってきて
ちゃんと先生や友達と一対一の関係が築かれているようで
このほんの一か月で、息子が少しずつ地に足がついてきたなと感じています。


一番よかったのが、宿題を持って帰ってこないこと。
前の学校なんて宿題が多すぎて夜11時まで宿題なんて日もざらにあり
子供も親もかなりのストレスでした。
今は毎日最後の9時間目の授業が宿題の時間。
先生も必ず21時から22時の間に子供を寝かせてくださいという方針で
宿題でイライラすることもなく、今までの生活が嘘のようにラクになりストレスが激減しました。


その空いた時間に、トルコではあまり力を入れない計算問題の強化や
今まで余裕がなくてなかなか教えてあげられなかった漢字
英語やドイツ語(分かりませんが・・)など、
私にもいろいろ見てあげられる時間が増えました。


ただ、あの人数でどうやって学校を経営していくか少し不安なところですが
まず今のところ親子ともども学校に満足しています。



学校がちゃんと続いてくれるといいな・・そっちの方が不安





 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ
ジャンル:海外情報

「トルコの病院ってこんなんですか !!」

2016.05.26 16:34|* 子育て



「 トルコの病院ってこんなんですか !!! 」

と、

驚きや怒りで吠えてしまったのはこれで2回目。

私、自分で言うのもアレですけど、沸点が低く地雷の少ないマイルドな性格です。
大抵のことはまぁいっかで見逃せますけど
でもやっぱり言わなければならないことは主張します。


娘が高熱で発作が群発してしまい、1週間近く一緒に入院していました。
夫も中国へとんぼ返りで戻ってしまった最悪のタイミング。
今回は救急搬送してもらわず、下の階のおばちゃんに連れて行ってもらったり
息子のことやら、着替えのことやら、病室で必要なものなど
義兄家族にも助けてもらい、夫不在の中なんとか入院生活をやり過ごしました。


トルコでの入院はこれで2回目。
2回とも家から車で15分ほどのこども病院。
病院で生活していると、日本ではありえないような光景を目にしたり
体験したりします。


私が吠えてしまった理由、一年半前
前回の入院時に脳波検査を行ったときのこと。
手際の悪さと対応の悪さ態度の悪さで何度も何度も検査に失敗をして
私も娘も疲弊してしまい「この病院は何なの!!このシステムは何なの!!」
などなどいろいろ吐き出してしまいました。
そのとき言ったことは、私も決して間違った主張はしていないと思います。
他の看護師さんたちも吠える私の周りに集まり同感してくれました。



今回の吠え理由は医療従事者として危機管理の無さに。
今までも「これってどうなの!?」と思う行為はありましたが
お国違えばくらいに留めておきましたけど
今回のはあまりにも杜撰すぎて思わず口にせずにはいられませんでした。


発端は点滴。
3歳の子供がおとなしくベッドに寝ていられるはずはなく
点滴の管を付けたまま動き回るんですよね。
そうするといつの間にか空気が入っていたり、血が逆流したり。
看護師さんは輸液を抜いたりしてスムーズに流れるようにするわけなのですが
驚愕だったのが、その不要になった輸液を床に直接流すんです!
ありえないですよね!

家で飲まなくなった水を床に捨てますか? まさか!

ある若い看護師は娘の血が混じった輸液を床に流していました。
そして私に「床を拭いておいて」と言ったんです。
私、リミットを超えました。
「トルコの病院ってこんなんですか!!」と。

例えば娘が血液から感染する病気、HIVやら肝炎やら持っていたら
どうするんですか?
それくらい素人でもわかるような常識を持っていないんですか?

私が怒ったのでその看護師は、「掃除婦に拭かせるわ」と言って
掃除婦さんがいつもの床拭きの掃除道具でいつも通りに拭いていきましたが
私が言いたいのはそういうことではなくて!

娘の血がその掃除道具で院内に広がるわけです 怒
同じような処置をされた別の患者の血もこうやって広がっているわけです。


もちろん全ての看護師さんがこういうことをするわけではありません。
ちゃんと受け皿を作って処置してくれる人もいます。
こういう杜撰なことをする人に限って
「yapacak bir şey yok (どうすることもできない)」なんてセリフを吐きます。

どうすることもできないなんて、ひとつ器を用意するだけでしょ!?


この行為を見たら病院自体に不信感が募ります。
朝、夕、2度清掃していても他の物が広がっています。
書きませんが、嘔吐物の処理も「え?」です。

義兄や下のおばちゃんは公立病院だから仕方がないと言いますが
いつか必ず大きな問題になると思っています。


こういうことがあっても救急や夜間で駆けつける場所はこの病院。
やっぱり危険な事をしていることは間違いないので、
夫が帰ってきたらどこかに投書ができないか相談してみようと思います。




DSC_594222.jpg





私も娘も日常生活に戻り元気にしています。
入院中の暇つぶしに役に立ったのが百均のめいろと動物パズル。
めいろは集中して何度も何度も書き込み、かなり役に立ちました。


息子はずっと義兄の家にお泊り。
アンネも自分の家もいらないくらい遊びふけって
一番楽しかったのが息子。

私は退院したあとに下のおばちゃんの家で飲んだコーヒーが
とても身に染みました。


やっぱり入院生活なんて御免です・・
家で元気が一番!
今回はきっとプールからの感染症だろうなぁ。





 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ
ジャンル:海外情報

レインスティック

2016.05.09 14:41|* 子育て




よく学校から工作の課題を宿題で持って帰ってきます。

先日は「廃材を使った楽器」というテーマで
家にあるものを使って楽器を作りましょうとのことでした。


このテーマの課題、昨年もあって
昨年はヨーグルトのバケツでタンバリンを作りました。
バケツに小さなシンバルが入るように細長い穴を数か所作り
シンバルはジュースの空き瓶のキャップを金づちでペッタンコにして
その中心に千枚通しで穴をあけて、重ね合わせて音が鳴るようにしてって・・

このヨーグルトタンバリン、叩く音もシンバル部分のジルも
結構いい音で、工作にお勧めです 笑



今年はそこまで作る気力もなくって。
もっと簡単なもの・・と言ったらマラカスぐらいしか思い浮かばなく
でもそれではあまりにも単純すぎるかしら・・と思い


そういえば、息子が日本の幼稚園に行っていたときに
民族楽器を専門とする打楽器奏者の講師の先生に
「レインスティック」というものを教えてもらったなぁとふと思い出し、
ちょうど1メートルほどの長い紙の筒もあって
レインスティックを作ることにしました。


レインスティックは、名前の通り「雨の棒」で
雨のような音がするアフリカの楽器です。
マラカスの中を少し改造した感じのものです。


主な材料は

・長い筒
・爪楊枝
・音源となる細かい穀物とかビーズ 

あとは装飾につかう色紙やらお好みで。






DSC_564444.jpg




爪楊枝がなかったので息子に買いに行ってもらいました。
爪楊枝、トルコに来て初めて買いました 笑
今までテイクアウトのご飯に添えられてきたもの取っておくくらいで
誰も使わないし、わざわざ買うことはなかったのですが。



爪楊枝にも「ジャポン」が使われていてビックリ 笑



息子と一緒に穴をあけて爪楊枝を刺して刺して刺して。
トゲトゲ突き出た部分を切って切って切って。
お米を入れて淵を閉じて完成。



あとは装飾~というところで
我が家のゴジラというかジャイアン娘がレインスティックを奪い
自分のものだと言い張って振り回し作業中断。




結局、その後取り掛かるのが遅くて提出期限前日の夜まで
遊びふけってしまったので
提出日の朝に早起きして装飾 苦笑  
最後の写真を撮る時間も無く、スクールバスが来てしまったので
レインスティックを抱えて走って乗り込んで行きました。



見た目はシンプルな棒ですけど
パラパラと結構いい音鳴ります。



こういうのってついつい大人が力入っちゃいますよね。
子供のころより大人になってからの方が楽しい。

ただ、提出期限前日とか当日とかギリギリで焦って・・というスタイルは
子供のころから変わっていませんけどね そういうタイプなんです 
息子には何事もちゃんと余裕を持って!なんて偉そうに言っていますが 笑



次はロボットかロケットの課題が出ています。
さて、どうしましょう。








 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

テーマ:トルコ
ジャンル:海外情報