FC2ブログ

ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



2年と12年 :: 2019/02/27(Wed)






夫が13時間にも及ぶ脳の大手術を終えて2年が経ちました。


手術前のすべての不調が嘘かのように今は元気に
家族の為にせっせと働いてくれています。


ただ、後遺症として物が2重に見えたりしたり
片方の耳の聴力がなくなってしまったのですが

それは決してトルコの医師の腕が悪かった訳ではなく
むしろ大きなリスクのある手術を
最善の方法で手を尽くしてくれた最良の結果だと思っています。


トルコにも優秀な医師はたくさんいます。


夫自身、後遺症について
2重に物が見えることは
「お金を見る時が一番幸せ(2倍になるから)」とか

聴こえない片耳は
「大きなイヤリング(飾り)」


なんて言っているので、不便はあるでしょうけど
そこで立ち止まってはいられないので
気にせず前に進み続けてます。




写真はイスタンブルKuzguncukの一角 ↓↓
記事とは関係ないのですが
最近写真がないので昔のを掘り出して 笑



DSC_4086666.jpg




そして12年。

先日結婚12周年を迎えました。特に私達はお祝いはしません 笑
確かどっかの村からチキンをもらってきたっけな。
これからもヨロシクとお互いに声をかけるくらい。


12年の間にいろいろあって、まだこれからもいろいろあるんでしょうけど
家族がまず健康でいられるように努めたいです。



そんな2年と12年でした。

*******



最近、なかなかブログを書く時間がとれないので
今後どうしよっかなと思っています。



閉じてしまおうかな〜とか
サーバー変えてみよっかな〜とか


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * 何気ない景色
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ハラルラーメン :: 2018/12/13(Thu)





お久しぶりです。


前回の更新からからずいぶん経ってしまい
いつの間にか今年も残すところあと数週間になってしまいました。



ブログも書きたいのですが
PCの前に落ち着いて座るということがなかなかできないので
読み専門で皆さんのブログをスマホから楽しんでいます。



年が明ける前に一度でも足跡を残しておきます 笑


ラーメンが美味しい季節になってきました。


近頃日本でもイスラム教徒向けのレストランや食品が多くなってきているようで
この夏にハラルラーメンを買ってきました。

サムライラーメンと辛ラーメン


DSC_49522.jpg






辛ラーメンにもハラル商品なんてのがあるんですね~


なぜハラルラーメンを買ったかというと、お友達の息子さんがラーメンが好きで
それならトルコのそれほど美味しくないラーメンより
本場?のを食べてもらおうと思って。


トルコだとスナック菓子買ったり食べてるのを見るだけで
そんな体に悪いもの食べて!と批判する人も多いですからね。
私も見ず知らずの人に何度か大きなお世話で注意されたことあります 苦笑


なので親公認でラーメンを分かり合えるというのは嬉しいもので、
お土産に買いました♪


サムライラーメンは普通のラーメンに負けず劣らず
スープも麺も美味しいです。
トルコの日清さんもこれくらいのクオリティの商品を頑張ってもらいたいくらい。

辛ラーメンはハラルで豚など使っていない為か少し唐辛子感を強く感じましたが
これもやっぱりトルコのラーメンより美味しい♪


内容物を気にしないトルコの方には普通のラーメンをお土産にしても問題ないのでしょうが
やはり気にする人もたくさんいるので、そんな方にはお勧めのラーメンだと思います♪



機会があれば是非。
特にサムライラーメン気に入っています。




にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ




 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * 食材
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
犠牲祭 * 2018 :: 2018/08/28(Tue)




ご無沙汰しております。



犠牲祭直前にトルコへ戻りました。


日本滞在最後の方は夫も遊びに来てくれたので、
帰りの荷物のことや飛行機での子供たちの面倒が少し楽になって帰ることができました。
行きは夫無しだったので、イスタンブールの空港から日本へ帰るまでとてもハード!
初めて「日本に帰らなくてもいい!ブルサに戻る!」と思えたくらいでしたもん 涙



帰りはイスタンブールの空港まで、わざわざブルサの友人家族、総勢6名でお出迎えしてくれ
これまた荷物や子供たちへの負担が軽くなり、賑やかに家に着くことができました。
友人家族に感謝です。



そして
日本を懐かしむ間もなく犠牲祭。



DSC_392666.jpg




牛を切りました。

今年は野外で自分たちの手で切りました。
6~7家族集まってピクニック形式で外で朝食食べたりフレッシュなお肉を煮込んだり。
子供たちは切った牛の足を紐に繋げて駆けまわったり、生肉でおままごとしたり 笑


我が家は60kg分のお肉をいただいたので
まだ終わらせていない日本からの荷物を横目に
冷凍庫へ入れるための黙々とお肉の処理。



DSC_398888.jpg




連休中も荷物を片付ける時間なくお誘いに乗って
イスタンブール方面へ旅行へ出かけてしまったので
まだまだ家の中がごっちゃごちゃのまま・・


早く学校始まらないかなと待ちわびています 苦笑


なかなか自分の時間が取れないのですが
のんびりまた綴っていきたいです♪



 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * トルコ事情
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
レシピ掲載ありがとう :: 2018/06/01(Fri)





嬉しいお知らせいただきました。


クックパッドさんの雑誌にレシピ掲載してもらっています。


クックパッドさん、関係者の皆様
いつもありがとうございます。


cookpad_plus.jpg



使って頂いたレシピはこちら。↓↓

Cpicon トルコ料理☆バターソースの茹でたまご by hisosari


溶かしバターにゆで卵を入れてハーブやスパイスをパラパラさせただけの
トルコでよくある朝食の一品なんですが・・
目に留めていただけて嬉しいです。



さて、週末日本へ一時帰国します。


子供を学校に行かせたり、自分の健康診断うけたり、友達とランチに行ったり
楽しみな事や、いろいろやっておきたいことあるけれど
義母を無くしたばかりでポカンと心に穴が空いて
いつもと少し調子の違う夫を残して家を空けるので ラマザン中でもあるしね
今回ばかりは夫のことが少々気がかり。


まぁ、でもチケット買ったことだし行くしかないんですけどね。



服も髪もヨレヨレになりながら、眉間にしわを寄せてひどい顔をして
子供たち3人を引き連れている日本人を見かけたら私ですので 笑
やさしく声をかけて頂ければ嬉しいです。


あぁ~涼しげな顔をして綺麗な服着て、優雅に空の旅ができるのはまだまだ先だわ~。


それでは一足お先に夏休み入ります♪





 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * おうちごはん
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
義母さん :: 2018/05/29(Tue)





義母が旅立ちました。

先週夫の故郷に行ったときにはもう残り僅かだと言われていたので
心の準備はしていましたが、やはり人の死、身近な人の死というのは
やり切れない思いがあります。

夫を含め、海外や遠方に住む兄姉妹達全員が集まり今日がお葬式です。
私と子供達はブルサに残りました。

夫は大家族で育ったのですが
兄弟は実に、9人兄姉妹。
下から2番目です。
男5人、女4人。
夫は双子だったとは言え
義母は8回も出産を経験し、9人の子供たちを育て上げたビッグマミー。


田舎のお母さんで、家事・育児・コーランに人生全てを費やしてきた
真面目な人だったと思います。


同居はしておらず一年に一度顔を合わせるか合わせないか
あとは電話で近況報告くらいな感じだったので
当たり障りのない良好な嫁姑関係でした。

9年前に夫が遠方に不在だった時に、夫の実家に滞在して
一度だけ義母と大喧嘩をしたことがありました。
たまらず荷物をまとめて小さな息子を抱えて、家を飛び出し
義姉の家に転がり込みましたけど 笑
今となっては懐かしい話です。


毎年故郷に帰るたびに一緒に大量の乾燥ミントや乾燥紫バジルを作ったり
サワーチェリーのジャムを作ったり
二人で一緒に座って日本はどうだ?家族はどうだ?なんて他愛のない話をしながら
保存食作りのお手伝いをしたっけなぁ・・


いつも子供や孫たちの健康を祈って、自分のことは後回しで
人の前に出ない謙虚な人でした。


DSC_361666.jpg




9人の子供。
22人の孫。
3人のひ孫。


本当に大きな家族に恵まれて、大きな家族に見守られて
この世を去っていきました。
義母がいなければ、夫もいないし、目の前にいる私の3人の子供達もいません。
義母さんに本当にありがとうと言いたいです。


晩年はずっと痛みに苦しんでいたので
今はゆっくりと休んでいるだろうと思っています。
義母さん、本当にお疲れ様でした。




 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * 家のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ