ブルサのお家

オスマントルコの古都ブルサでの暮らし。



久しぶりにイズニック :: 2018/02/20(Tue)




久々にタイルの町イズニックへ行ってきました。



日曜、朝ごはんを食べていたらイスタンブルの友人家族から
「予定が無ければ今からイズニックに集合」と。
イズニックはイスタンブルの友人宅との中間地点。
我が家からだいたい100km。車で1時間半くらいの距離です。

もう慣れましたけど、急な思い付きでもフットワークの良いトルコ人達は
すぐにどこへでも飛んでいきます。


夫は朝ごはん食べて車に乗るだけだけど
朝ごはんの片付けや、子供たちの準備、私自身の支度。
慌ただしく行く前から一汗かくのは私。



子供が3人になった今はもうちょっと計画的な旅行の方がよろしいです。




DSC_229000.jpg




イズニックは確か、このブログを書き始めたころに行ったので
6~7年前くらい!?
その時はまだ上の子一人だったので
いろいろな写真を撮ることができたけれど
今回はなかなか写真に風景を収めることができなかったので残念。





DSC_229222.jpg





今年は2月とは思えない暖かさで、もうこの時期から春の花が綺麗に眼に映ります。
うちの近所もイズニック周辺でもアーモンド?杏?の花がちらほら咲き始めています。
一か月も早いですね。




DSC_229444.jpg



陶器も素敵。
友人の子供達とはしゃぎすぎて、商品を割ってしまい
割れた商品を買い取るなんてハプニングもありました・・

イズニックの陶器は割とはっきりとした濃い色合いの作品が多いのですが
淡くて優しいふんわりとした印象のモダンな作品を作っている作家さんのお店が気に入って
そこでお土産を購入しました。(写真撮りたかったけど手が空かず無し)





DSC_233666.jpg




そして、この素焼きのデミカップと切り株ソーサー。
可愛い♪
一目惚れです。


欲しいなと思ったけれど、家に帰ってよく考えると
外の雰囲気ある空間で飲むから可愛いけれど
うちのソファーで飲んだら全然合わないということに気が付きました。

よくある旅先マジック。
家には家用のセットがいいですね。



パタパタしたけれど、息抜きできました。
次は何年後に来れるかな~





 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * 旅行
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ハシュラマ :: 2018/02/16(Fri)





この間の犠牲祭は日本にいたので参加できず
いつも牛肉や骨でいっぱいの冷凍庫も
今年はなんだかスカスカ状態。


あったらあったで邪魔だな~なんて呟いているんですけどね。
無ければないで、なんだか寂しい。


毎年夫がトルコ風ポトフの「ハシュラマ」を
犠牲祭のお肉で作ってくれるんですけど
今年は骨付き肉が無いので食べていませんでした。
そういえば、今年は魚もあまり食べていないんですよね。
気温が暖かいからか魚が高い!



で、夫が作ってくれないので
今年は私が作りました。スーパーの手羽元ですけど。


「ハシュラマ」

DSC_2270000_20180216194335a3e.jpg





ポトフと言うとコンソメ コンソメになりがちだけど
トルコ料理は化学調味料って使わなくても美味しいので
このトルコ風ポトフ「ハシュラマ」も素材の味だけで十分美味しい♪


夫は1年に1~2回くらいは料理をしてくれますが
仲の良いトルコの友人夫妻のご主人(トルコ人)が
いつも率先して料理を手伝っている姿を見ていると
やっぱり羨ましい!!


先日は、ご主人作の「チィキョフテ」がおすそ分けに配達されて!
あぁ料理のできる男の人って素敵と思ってしまいました。



うちも月1くらいでやってくれると「おっ!いいじゃん」って見直すんですけどね~。


結婚11年目。
料理に目覚めさせるのはもう遅いかな・・
それより息子に料理に興味を持たせた方が早いわね。




 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * トルコごはん【 レシピ 】
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
燻製クルファスリエ :: 2018/02/12(Mon)






ベビー10か月。
初めての発熱で39度超えでドキッとしました。
娘のことがあったので子供の熱って本当に緊張します。
発熱の数日後から5~6歩くらいの一人歩きができるようになり
最近はだんだん子供っぽい表情も増え、
ゆっくりとベビーの時期も過ぎて行っています。

上二人のお兄ちゃんお姉ちゃんとも遊んでもらったり
邪魔をしに行ったりと、興味がいろいろな方面に出てきたので
私も少し楽になる時間が増え、料理なんかも少し余裕が出てくるようになりました。



最近ハマっているのが燻製。
2年前に一時帰国した際に燻製チップを持ってきていたのですが
妊娠で味覚が変わってしまったり、産後は料理にひと手間加えるより
ひと手間省いた料理をするようになったりしていたので
燻製チップの存在すら忘れてしまっていました。



このところずっと燻製の王道、チーズ・たまご・肉・ナッツ・ドライフルーツなど
毎日のように燻していました。
何かもっと他のものはないかなとネットで探すと「肉じゃが」が美味しいんだとか。
それなら!と思いついたのが「クルファスリエ」




「燻製クルファスリエ」

DSC_222777.jpg





燻しましたよ~。
美味しい♪
スープもお肉もコクが出てまろやか~。

でも下の方は燻製っぽい味にはなっていなかったので
一度途中で混ぜたほうがいいのかしら。
それとも燻す時間を長くするべきかしら。
要研究です。


でも美味しかった~。


チャイの茶葉でもナッツやドライフルーツの燻製作りました。
悪くはなかったんですけど、随分煙が出て煙っぽい香りが強かったです。
もう少し火を弱めたほうがよかったのかも。




家の中が臭くなるけれど、いろいろな材料で試してみたいと思っています♪





 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



  1. * おうちごはん
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
トルコ行進曲 :: 2018/01/25(Thu)





ピアノを買いました。
というか、孫のために音楽好きの私の母からプレゼントしてもらいました。
「子供たちに音楽に触れさせてあげて」って。


どれがいいかなとインターネットでも探したけれど、やっぱり実物を見たかったので
家から15分のところにちょうどYAMAHAのお店があるのでそこで触らせてもらいました。
他のメーカーも候補に入れていたけれど、故障とか何か不具合があった際に駆けつけられるので
そのまま近所のYAMAHAで。


私も一応習っていたからには、
中学の校歌や合唱コンクールの伴奏なんかはやったりしましたけど
そのレベル以上はあまり練習しなかったですね~ やっとけばよかったなぁ
そういえばトランペットも小学生のクラブで吹いてたっけなぁ・・
もうちょっと音楽に興味持ってたら人生変わってたかなぁ


子供達3人も喜んで触ってくれています。


DSC_217888.jpg




ピアノの納品は、トルコにしては珍しく配達予定時刻の15分前に到着!
おっやるじゃん!って思ったのも束の間。
椅子が無い・・
後から電話しますと言って連絡もない・・
もう2週間経ちますけどまだ家には来ていません。
まぁ、想定内なので大丈夫です いずれ来るでしょう 笑



久しぶりのピアノで楽譜の読み方もノロノロで、指も錆び切って全然動きませんが・・
トルコにいるからこそひいてみたい「トルコ国歌」の伴奏をただ今練習中。
あのメロディー結構好きなんです。


トルコ行進曲を練習していたあのころ、 モーツァルトの方
まさか自分がトルコでトルコ行進曲を弾いているなんて思いもしなかったわ。

「トルコ行進曲」と言えば、あのトルコの天才ピアニスト Fazil Say(ファジルサイ) の
ジャズ編曲もいつか弾けるようになりたい! 夢は大きく!
トルコ産?だから楽譜安いのかしら!?

そのファジル サイの編曲をまた更に編曲したトルコ人女性ピアニスト
Ayşedeniz Gökçin(アイシェデニズ ギョクチン)のトルコ行進曲も
とても素敵なんです。どちらかというとこちらの方が好み♪







子供達、ピアノ弾いてくれるようになりますように~
私も今度こそ練習がんばろっと!





 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



テーマ:トルコ - ジャンル:海外情報

  1. * お気に入り
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ヤギの足の揚げパン :: 2018/01/22(Mon)






冬休みが始まりました。
息子はウィンタースクールへ。
娘はなるべく風邪をひかせたくないので、おうちでうるさく・・ 
でも学校へは息子一人で歩いて行ってくれるので、冬休み中は送り迎えが無くてラクちん。


学校は家からすぐそこ、300~400mのところにあって
学校を挟んだあちら側に友人の家があり、よく歩いて遊びに行ったりします。

朝、息子と娘を学校に送り届けた後、その友人の家で一緒に朝食を食べたりもするのですが
ベビーが生まれてから、朝食はだいたい立ってつまんで口の中に放り込むくらいで
座ってゆっくりと食べることを忘れてしまっているので
こうやって呼んでもらえると、家の仕事も忘れられてホッとひと息もつけるし
特別なメニューではないけれどたくさんのお皿を並べておしゃべりしながら頂く
トルコの朝食文化に幸せを感じます。



「Keçi bacağı」

DSC_2143333.jpg





ヤギの足という名前の揚げパンを教えてもらいました。
名前の通り二股に分かれています。

イーストを使った「ピシ」は何度か作ったことあったけれど
重曹は初めて。
発酵時間もないし、重曹の風味がトルコの朝食には欠かせない
チーズやオリーブ、卵がよく合うんです。
冷蔵庫でねかせている間に他の準備できるので、今度朝食のおもてなしがあった時は
これもメニューにいれてみようかな~

子供たちはこれに粉糖つけて甘いドーナッツ風のが好みでしたが
子供用にはそれでもいいかも。


休みだと3食作らないといけないのが、これまた億劫で。
まだ始まったばかりなのに、2週間が長く感じます・・


そう。ベビーがここ数日手放しで立つようになりました。
冬休みが終わるころには歩けるようになってるかな~
色んな意味で冬休みの終わりが楽しみです 笑





 
 ** ポチッと応援ありがとう **   

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



  1. * トルコごはん【 レシピ 】
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ